(∩´∀`)∩ おめでとうございまーす。

【エッセイ】Vol. 20 今年もあとすこし。来年はどうなるのか、どうするのか。

こんばんは ましゅーです。

((((;゚Д゚))))ガクブル 寒い。

ですね。

ねこーん

大寒波が押し寄せてきています。出張帰りに山陽道を車で走ったのですが、雪がちらついていて怖かったですね。(いつもよりスピードは30%ダウン。)コロナ禍であり、また、オミクロン株なんてのも来ていますが、今年は少しでもウインタースポーツが盛り上がると良いですね。

ここから本編

今回の話題は【エッセイ】です。

( ^ω^ )ニコニコ 適当に書くのだ。

ストレス発散ですもんね。

ねこーん

好きな事、書きたい事をダラダラと書き綴っていくのは楽しいです。最近はこの記事がストレス発散になってるのを感じます。文章を書くのは楽しいのだ。

今年も一年が経つ

早いもんですね。今年も一年が経とうとしています。

僕個人の総括はまた別の記事に委ねようと思うのですが、ちょっと2021年のニュースに対する僕の感想を書こうと思います。こう書くと、何だかコラムみたいですし。

今年もさまざまなニュースがありました。だいたい、コロナ禍で始まること自体が憂鬱ですもん。なので、日本国内、いや、世界でも何だか鬱蒼とした幕開けだったと思います。

東京オリンピック

その中でも、先ずは「東京オリンピックの開催」でしょうか。

周りに文句を言われながら、強硬に開催へ漕ぎつけました。僕もその成り行きを見ていたのですが、あのバッハ会長に止めどもない怒りを覚えましたね。

クラシックのバッハは大好きなんですけど、あのバッハは嫌い。あっ、ちなみにバッハって、ドイツでの”小川さん”みたいな苗字の意味です。(笑)

あとはマスコミの手のひら返しですかね。あれだけ、「開催なんてとんでもない。日本国内がコロナで溢れかえる!医療が崩壊する!何を考えているんだ!」って反対していたくせに、いざ開幕すると、「〇〇が金!スポーツはコロナ禍で落ち込んだ心を元気づける!」みたいな報道をガンガン流す。この手のひら返しに嫌気が差しました。

この頃かな、決定的にテレビが嫌いになったのも。(バラエティとワイドナショーは見てますケドね。)報道〇〇的な番組は見るのを完全に辞めました。まだ、ネットや新聞の方がまし。まあ、何方にも各社の色は見えますけどね。それでも、その色に沿った報道なので、最初からその色さえ分かっていれば対応はたやすい。東京オリンピックはそんな気持ちを僕に植え付けてくれました。

あとね、僕はどうしても今年の東京オリンピックが好きになれなかった。もちろん、選手の頑張りは評価しますケド、「そこまでオリンピックは特別か?」と言う気持ちが強かった。

僕はレースが大好きです。でも、今年はホンダのF1ラストイヤーなのに日本グランプリが中止。そして、昨年に引き続き、毎年楽しみにしている鈴鹿の8耐も中止となっています。

両方とも国際的なレース。でも、中止。オリンピックは開催されたのに。「スポーツに政治を持ち込むな。」と言われ続けています。でも、この対応が政治じゃなくて何と言うのでしょうか。

好きなバンドのコンサートが中止になった人も居るでしょう、ずっと温め続けていたイベントを計画し、そして中止した人だっていた筈です。コロナ禍です、罹患すれば、自分の命がいつ潰えてもおかしくない。でも、同調を求められる。ある出来事のみは特別視して。

多様性と言われ続けている現代で、これほど特別視されるイベントがあるとは思わなかった。これこそ優生思想の塊だと思うんだけど。(特にバッハさん。)

京王線でジョーカーを真似たバカ

次のニュースはコレですかね。京王線に現れた、ジョーカーをまねたバカ

「ジョーカー現る。」なんて書いている記事もありましたけどね、あんな馬鹿をジョーカーと同列にしないで頂きたい。あくまで猿真似したバカです。ただのバカ。

時折、良く出来たエンターテイメントを模倣して事件が発生します。そして、その度にエンターテイメントの在り方が協議されます。そして、その協議の度、エンターテイメントから牙が抜かれてゆきます。

昔の映画では”煙草を吸うシーン”が非常に多くありました。しかし、今は漫画でも映画でも目に見えてそのシーンが減っている。(ワンピースのサンジやルパンの次元なんかは特別枠です。)。

子ども達が煙草を吸うのは、漫画や映画の影響があるからだそうです。

影響がないとは言いません。でも、本質が違う。臭いモノに蓋をするのではなく、理解して煙草を吸わないようにしないといけないのでは?もし、依存性が強くて、個人の理解の範疇を超えると言うのであれば、そんな物はハナから販売しちゃダメ。

おっと、話が逸れました。

とにかく、言論の自由は叫ばれるのに、表現の自由は簡単に侵される。ここに疑問を感じます。過去の歴史でも、「時の政府に疎まれた書籍は禁書とされる。」ことが多くありました。形は違えども、それと同じような気がしたり、しなかったり。

まあ、そもそもはこんなバカが現れるからダメなんですけどね。

多発する交通事故

悲惨な交通事故も多かった気がする。(僕の感覚ですケドね。)

子供の集団登校の列に突っ込む交通事故も多かった気がする。そして、その度、運転者の年齢がクローズアップされる気もしている。

僕が住んでいるのは愛媛。ビックリするほどの田舎です。なので、高齢運転者が非常に多い。ちょっと道を走れば、直ぐに高齢者マークを貼った車を見つける事が出来る。「道が混んでるなぁ…。」なんて思ったら、数台先に高齢者が運転する車がいる。なんて事も多い。

運転を見ているとやはり危ない。

高齢者の運転そのものも危ないのだが、「高齢者が遅いコトでの周りのイラ立ち。」で更に危険度が増す。無理な追い越しなどが出始めるんですよね。確かに、「時速50Kmの道路を30Kmで走られる」とイライラしちゃいますよね。特に約束などがあった時は。

僕が思うのは、「制限速度が出せなくなったら、免許の自主返納を考えるのはどうだろう。」ということ。高齢者の技能テストは定期に行うべきだし、そのテスト内容も見直されてゆくべきだと思う。

田舎だとインフラが整っていないので、高齢者から自動車を奪う事はかなりキビシイこと。なので、お金を掛けてインフラを整えていく必要もある。もっと街をミニマム化すれば、路面電車などで対応できるのかも知れない。もしくは、ビックリするほどのお金を掛けて自動運転技術を加速させる。

でも、安全技術が発達した車には問題もあって。それが、「車が高価になり過ぎる事。」。いま田舎の道を見ていると、高齢者ほど古い車に乗っているんです。最近の安全装置などまったく付いていない様な。

そりゃそうです。残りの人生期間や年金生活を考えると、「ローンなど組めないのだから。」。本当に安全技術が求められている世代に、安全技術が備わった車が広まらない。ここに対策を練るべきなのかも知れません。

人生の最終章で若い命を奪う。奪われた人間も奪った人間もやるせないですよね。

まとめ

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… 書けました。

やっと僕の出番がきました。

ねこーん

この他にもイロイロ事件はありましたケドね。今、思い出したコトをダラダラと書いてみました。なんかね、事件の話とかを書いていると暗くなっちゃいますね。

僕個人としての今年の総括は、また別記事で書かせて頂けたらと思います。コロナ過でしたケド、今年は意外と…意外とだった気もします。(家での待機時間が長いとイロイロ考えられるよネ。)

まま、皆さんの重大ニュースはどんな感じでしたか?

確か、前回のエッセイで”次はソーラーパネルへの苦言”って書いていましたよ。

ねこーん

( ゚д゚)ハッ! 忘れてた!

えっと、ソーラーパネルへの苦言は来年です。(笑)次回は今年の個人的な総括ですので。

皆さんにもエッセイを楽しんでいただけたら幸いです。それでは、今回はこの辺で。

8 COMMENTS

mainichihime01

わたしもメディアにはうんざりです…就職しなくてよかった…。
高齢者の運転をーと言うと、高齢者の自由を奪うのか、とか、車がなくてはどこにも行けない、と言う声が上がりますが、運転することによって、他の方の自由を奪う事になると言う事は理解しないといけないと思います。

返信する
Nick Ollie

東京オリンピック、そういえばありましたねー。なんかもう3年くらい前のことのような気がする、、、 選手たちは頑張っててステキでした。

返信する
ヨウコの川歩き

エッセイ、面白かった!もちろん、ちょっと見解の相違はありましたが(*´ー`*)
オリンピックは、実は楽しんで見てしまいました。思うに、アスリート側から見てとか、政治側から見てとか、主催者側から見てとかいろいろな見方と正義が存在するのかな。まぁ、もともとヨーロッパがルールを支配して放送権はアメリカが支配している大会ですが(◎-◎;)
バッハ君が何を考えているがは分かり易かったですね(笑)
赤字は総て我々にかえってきますから、そこは腹立ちます。

返信する
風のましゅー。

( ^ω^ )ニコニコ 楽しんで頂けて何より。意見が違うからこそ面白いと思うので、見解の相違はどんとこいです。

返信する
ビー玉

バッハさんはもう老害といっていいと思うのよ( •ὢ•)
私、バッハ(ゼバスティアンのほう)を弾いてると、どこを弾いてるかわからなくなってたんだけど、プロ迷子のましゅさんらしいなって密かに思ってる(((uдu*)ゥンゥン

返信する
風のましゅー。

(((uдu*)ゥンゥン このプロにまかせろ…。( ゚д゚)ハッ! 馬鹿にされてるのか?

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください