アウトドア専門ブログになりました。

【キャンプコラム】女性のソロキャンプを考える。まあね、変なヤツが居るもんね。

アウトドア

こんばんは ましゅーです。

( ^^) _旦~~ 秋になって来たねぇ…。

朝夕は涼しくなって来ましたもんね。

ねこーん

食欲の秋が近付いてきています。秋になると、いろいろと美味しいものが出始めますもん。僕の秋の味覚と言えば、さんまとなす。あっ、梨も良いね、松茸なんかも美味しいなや~。待ち遠しいですね。

ここから本編

今回の話題は【キャンプコラム】です。

( ̄ー ̄)ニヤリ そろそろ始動。

キャンプシーズンが始まりますね。

ねこーん

うだる様な暑さも過ぎ、朝夕は涼しくなって参りました。こうなるとね、焚き火が恋しい季節となるわけです。ええ、遂にシーズンインですよ。

とても楽しみなシーズンなのですが、少し気になる記事をYahoo!で見つけましたので、その記事について考えたいと思います。世の中には変な人が居るので、気を付けていかないとね。

それでは、さっそく本編をどぞ。

考えたい記事を見つけました。

記事に入る前に、先ずは現況から話しましょうか。

現在の状況

9月にグループキャンプをする予定だったんです、姫鶴平キャンプ場で。でもね、日頃の行いが悪いのか、残念ながら、天気が悪かったんです。

姫鶴平は四国カルストーつまり高原なんですよね。高原なので、標高が高い→山なんですよね。山での天候不順は身の危険があります。まあ、大人の僕らは大丈夫だと思うんですが、ライダーが子供を連れていく予定だったので、万が一を考えて中止としました。

子供は何をするか分からないからね。危ないかも知れないシチュエーションが想定されるなら、子供の身を考えるのがいちばん大切。大丈夫だとは思うんだけど念のためね。

そんなこんなで、9月のグループキャンプは中止となりました。なので、購入した10インチダッチオーブンも今回は不発。まあ、また使うチャンスもあるでしょう。

(´・ω・`) どうしよ、デカくて使えんのに。

まあ、仕方が無いですよね。

ねこーん

キャンプブームの段階

このブログでもたまに書きましたが、キャンプブームも一巡したように感じます。イノベーター(革新者)から始まり、アーリーアダプター(初期採用者)、アーリーマジョリティ(前期追随者)、そして、レイトマジョリティ(後期追随者)へ。今、キャンプブームはラガード(遅滞者)の段階だと思っています。

で、何事もブームが終焉を迎えるのは、このラガードが参入した段階でバカな事をする人が多く出てきてしまうということ。この人たちがロクな事をしないので、周囲(ブーム以外の人たちも含め)にガツンと嫌われる羽目になるんですよね。

どいつもが同じムジナで見られる

ブームを先取りして楽しむ人たちは意識高い系の人が多い。なので、ゴミ問題や周囲に迷惑を掛ける行動自体を嫌う。スマートにブームを楽しんでいる自分が好きな人たちなので、キチンと実施する間にガッツリ調べるんです、何が迷惑になるのか、どうすれば自分たちを良く見せられるのかを。

でも、ラガードの人らは、「楽しそうな事をやってるから、俺らも楽しもうぜ。」みたいに考える人たちが多い。とにかく自分たちが楽しめられれば良いと考える人たちなので、周囲の事なんかお構いなしなんですよね。

同じ趣味をしているけど、その中身はまったく違う

でも、周りの人たちからすると、見分けなんかつかないんですよね。なので、「キャンパーはマナーが悪い。キャンプが流行りだしてから、ロクな事が起こらなくなった。」みたいな事を言い始めるんですよね。そして、こうなるとブームは加速度的に終焉を迎えます。後に残るのは、本当にどっぷりとキャンプにハマった人たちだけです。

そして、おかしな事件が起き始めている

でね、実際に変な事件が起き始めているんですわ。

最近、Yahoo!で目についた事件は、「ソロキャンプに来ていた女の子が、他の人のテントに引き込まれそうになった。」と言う事件。

何だか、女の子がソロキャンをしていると、近くのキャンパーに声を掛けられたそう。「火の熾し方が分からないので教えて欲しい。」と…。で、女の子が親切心で助けようとしたら、テントから別の男が出て来て、引っ張れ込まれそうになったと…。(何とか逃げられたそうです。)

もうね、アホかと。

この馬鹿たちがやりたいのはキャンプじゃないんですよね。キャンプブームが来て、女の子がソロキャンプしてる事が多いから、何とかこれを襲ってやろうと考えている犯罪者なんですよね。

この他にも、キャンプ場でソロキャンプをしてるふりをして、他の人の道具をパクってそれをメルカリで売ったりする輩、犯罪まではいかないまでも、夜遅くまで周囲を気にせず盛り上がってしまう人や、めんどくさいのでゴミだけでなく、キャンプ道具も捨ててしまうバカ。

ε-(;-ω-`A) フゥ… 聞いてるだけで嫌になる。

嫌ですよね。

ねこーん

女の人は気を付けて欲しい

「世の中には頭のおかしな人がいる。」これを忘れちゃいかんと思うんです。自分の物差しから、かけ離れた考えを持つ人たちがこの世界には間違いなく存在している。

( ゚д゚)ウム 気を付けて欲しい。

ほんとですよね。

ねこーん

特に昨今、後先考えずに自分の欲望のままに行動する人が増えてます。どんなに優男に見えても、裏の顔を持っている人はいるのでね、嫌な思いをしたくなければ、自己防衛に努めるしかない。自己防衛の究極は、「女性ひとりでキャンプへ行かない。」なんだけど、それはツマラナイと思うので、女性がソロキャンプをする場合の注意点を書いておきたいと思います。

防犯ブザーを持っていく

備えあれば患いなし。簡単な対策ですが、絶大な効果を生み出してくれます。人間、本当に危険な状態に陥ったら、喉がカラカラに乾き、声すら出せない状態に陥ることがあります。体が恐怖に震えるので、声帯がキチンと活動してくれないんです。

でも、防犯ブザーは引っ張るだけで大きな音を立ててくれます。大抵の男はね、ビビりながら犯罪を犯している(特に出来心の奴は)ので、大きな音を出しただけで恐れて逃げていきます。なので、ぜひ防犯ブザーは準備してくださいね。

変な誘いは無視する

親切な人ほど、「相手の機嫌を損ねたら申し訳ない。」なんて考えたりします。なので、下手な親切心を出したりするんですよね。でもね、犯罪者はそんな人の心理を利用するのでね、気を付けて頂きたい。

大体ね、先の話でもそうだけど、「キャンプで焚き火の火熾しを女性に頼む。」なんて言う時点で変な事考えてるから。むしろ逆だよ逆、僕なら意地でも女性にカッコ悪いとこなんか見せん。(特にキャンプでは。)

アウトドアで男らしさを見せるのって自然なこと。でも、それを簡単に頼んだりするのは、下心ありありだと僕は思いますよ。

人が多いキャンプ場へ行く

ソロキャンプが好きな人に、この対策はツライ選択肢ではありますけどね。キャンプ場も町と同じ。人通りが多い表参道では犯罪は起きにくい。でも、人通りが少ない裏道に入った途端、狙われる可能性は高くなります。

人が多いだけで犯罪に合う確率も減りますからね、ソロキャンプだから人里離れた所に行きたいのは分かりますが、その辺りは安全のために我慢するのもアリですよ。

友だちとソロキャンをする

友だちと行くとソロキャンじゃないやん。と思うでしょうけど、テントや焚き火台を別にすれば、それは立派なソロキャンですよ。ソロキャンを好きなメンツが団体で行動しているだけですから。(ヒロシさんなんかも良くやってますよね。)

弱い動物は数で身を守る様に、友だちらと団体行動をすれば、自然と犯罪に合う確率は減ります。ゆるキャン△のように、友だち同士でキャンプを楽しむのは安全ですよ。

まとめ

僕もたまにキャンプ場で女性のソロキャンパーを見かけます。やはりね、それを見ていると「危なくないのかな?」なんて思ってしまいます。

華奢で可愛い女の子がキャンプをしてる。しかも周りには人気もない。そんなシチュエーションだと、変な事を考える男もいるかも知れぬ。

いや、本当は理性が邪魔をするはずなんです。日本で犯罪を犯したら、めちゃ大きなペナルティを喰らうわけですから。でも、そんな理性を持たない人も居る。そして、そんな人たちがキャンプブームに目を付けている。

だから今、身を守る術を考えた方が良いと思います。(特に女性は)まあ、男でも襲われる可能性はありますが、力の弱い、可愛い女子の方が狙われやすいのは間違いない。キャンプを心から楽しめるよう安全には十分に配慮してくださいね。

ではでは…、

アウトドアで非日常を感じれば、普段の生活も充実するかも知れません。飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 それでは、また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

10 COMMENTS

ねぇやん

この記事ではありませんが、女性が性被害にあったニュースを見ました。先日わたし、痴漢の事を書いたのですが、どの場所にいても、女性は搾取される側。男の方と同等に生きろ、と言われますが女性と言うだけで出来ないこともあります。
もちろん邪な事を考えてるのは一部の人だけだと思いたいですが。

返信する
Avatar photo 風のましゅー。

(-ω-;)ウーン そうなのよね。理性が飛んだ男はカッコ悪いんですけどね。

返信する
miyukitty

アホなやつは、どの場面でも一定数は存在しますね。
自分の欲望のまま、自分以外の事や先の事は全く考えていない。

返信する
Avatar photo 風のましゅー。

(((uдu*)ゥンゥン その通り。理性が飛ぶのはカッコ悪いんですけどね。

返信する
ビー玉

女性が安心してソロキャンプできる世の中が理想だけど、実際問題バカや奴はどこにでもいるから、「いるんだ」と思って準備はしてほしい。悲しいけど。

返信する
Nick Ollie

キャンプはおうちと違って鍵とか雨戸とかがちきんと備わってるわけじゃないから、変な輩もきっと悪いことしやすい、とか思ってるのかも。残念ながらどうしたって変なやつはいるから、身は守らないとなー。

返信する
Avatar photo 風のましゅー。

(((uдu*)ゥンゥン それなんよね。安心して楽しんで欲しいので、先ずは身の安全を確保する方法を考えて欲しい。

返信する
スヤスヤ

この記事見た気がするけど胸糞ですよね~。
なんでキャンプを楽しみにきただけなのに
女性がこんな目に合わなきゃいけないんだろ(´;ω;`)
まぁ、ネットを見る限り、少なからず不審者がいるので
男女限らず、気を付けて楽しんでほしいですよね。
安心して暮らせる世の中になってほしいなぁ( ˘ω˘ )

返信する
Avatar photo 風のましゅー。

(´・ω・)(・ω・`)ネー 話にならんよね。何とか安全な世になってほしいね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!