(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【キャンプ】”焚き火ワークVol.7” その② ピコグリル…大地に立つ。(笑)

川の流れ

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(∀`*ゞ)エヘヘ やっちゃった。

あーあ。

ねこーん

今回のタイトルはKAB(熊本朝日放送)で放映されている”ヒロシのひとりキャンプのすすめ”からお借りしました。この番組大好きなんですよね。ヒロシさんとまゆたんの掛け合いがマジで面白い。たぶん、僕は同じ放送を繰り返し20回位は見てると思います。何回観ても飽きないし。

あっ間違えないでください。パクりじゃないですよ、心よりのリスペクトです。

ここから本編

今回の話題は【キャンプ】です。

続き記事となりますね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 最初から読むと楽しいよ。

愛媛県某市某場所【キャンプ】”焚き火ワークVol.7” その① ソロキャンパーへの旅立ち。

火熾しのスタート

( ̄ー ̄)ニヤリ では、行くかい?

そうですね。

ねこーん

焚き火シートの準備

焚き火シート

コチラの商品も今回から新規導入した”焚き火シート”です。ガラス繊維が編み込まれた防炎(難燃?)素材となっており、焚き火の火から芝生を守ってくれます。購入した理由は後述しますね。

( ゚д゚)ウム 大事なのだよ。

マナーを守って、自然に優しくですね。

ねこーん

ピコグリル398大地に立つ

ピコグリル

はい、めちゃくちゃ有名な焚き火台である”ピコグリル”です。

( ゚д゚)ウム 結局これやんな。

まあ、仕方ないですね。

ねこーん

前回の記事で見せた”サイバトロン”に”ピコグリル”。ええ、”ヒロシキャンプ”の影響を受けまくりであることがバレバレのギア揃えとなります。

( ̄σ ̄)ホジホジ しゃあないやんな。

良いものは良いですもんね。

ねこーん

さて、開き直った処で…、

ピコグリル

 

このような感じで大き目の薪でもガンガン入るのが”ピコグリル”の良さですね。ソロ用の焚き火台だと、「小さめの木片しか入らない。」とか、「小枝しか入らない。」と言うのも多いですからね。まあ、パッキングを考えて、可能な限り、台を小さくした結果なので仕方がない所もありますが。

しかし、この”ピコグリル”はA4サイズの大きさ、且つ、443gという驚異的な軽さも実現。ソロキャンプ用として携帯しやすい上に大き目の薪も入るという素晴らしい焚き火台です。

ピコグリル

自然と焚き火台と薪の間に隙間が出来ます。コレのお陰で空気が回りやすくなり、燃焼しやすくなっています。

(* ̄- ̄)ふ~ん 良く考えてるな。

良いですね。

ねこーん

ピコグリル

風抜き用としてこのようなスリットも入っています。これが”焚き火シート”を購入した理由ですね。この隙間からチョロチョロと炭火が落ちちゃうんですよね。

( ゚д゚)ウム その炭火で…。

芝生を傷めちゃう…と。

ねこーん

では、いよいよ…、

ピコグリル

こんな感じで火熾しを開始。隙間に火を入れる感じでやると簡単に火が着きます。

ピコグリル

こうなって来て…、

ピコグリル

こうなります。

( ゚д゚)ウム 簡単。

良いですね。

ねこーん

初めて”ピコグリル”を使用しましたが、火も熾し易い良い焚き火台ですね。軽いし、パッキングも楽だし…。お勧めできる逸品です。ちょっと高いですケドね。

ちなみに、焚き火台で悩んでいる記事はコチラです。

アウトドア【キャンプ】”ソロ用焚き火台” お勧め3台!何とかココまでは絞ったよ。

ちょっとひと息

ひこうき雲

僕が根城としているキャンプ場は飛行機の通り道となっています。そのお陰でこのような綺麗な飛行機雲を見ることが出来るんですよね。

( ^ω^ )ニコニコ 綺麗ですやね。

至福の瞬間ですよね。

ねこーん

川の流れ

近くにはこんな感じで綺麗な川も流れていますしね。こうやって書いてると、本当に良いキャンプ場だと思います。

(´・ω・`) コレが無くなるとチョイとツラいのぅ…。

そうですねぇ…。

ねこーん

ケトル

しんみりしつつ、珈琲の準備に取り掛かります。ピコグリルには、台座となるスピットも最初から2本ついていますので何かと便利ですね。

珈琲

お湯が湧いたら珈琲を淹れます。

今回も”モンカフェ”の京都ブレンドですね。本当はね、珈琲も豆からやりたいんです。会社の人に聞くと、「煎る所からやると珈琲も別物になるよ。」と教えて貰ってますし。でも、豆を煎って、砕いて…としてるとチョット難しそうでもありますよね。煎るのにもコツがあるらしいし…。今はハードルが高いので少しお預けです。

( ̄ー キラリーン でも、どっかでやるから。

でしょうね。

ねこーん

いつかは自分で煎った豆で珈琲を淹れて…と考えると楽しみが増しますよね。

料理の準備へ

 

京都ブレンドを飲み終えたら、次の仕事へ入ってゆきます。写真の様にピコグリルへガンガン薪をくべ直し。

ピコグリル

料理用にガンガンと炭を作り始めないといけないんですよね。なにせ、今回は〇〇を試さなあかんのやから。

(ΦωΦ)フフフ… 美味しく出来るかのぅ…。

ぜひ、完成させたいですよね。

ねこーん

炭の準備が出来たらいよいよ例のモノを作り始めるのですが…、

( ゚д゚)ウム ココまでかな。

少し長くなりますもんね。

ねこーん

次回はアレを作ります。楽しみに待っててくださいね。あっ、金曜日がお休み、土曜日は”ましゅーEYE”の人なりますので、次回は日曜日になるかと思います。気長に待っててくださいね。

ではでは…、

アウトドアで非日常を感じれば、普段の生活も充実するかも知れません。飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 それでは、また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

6 COMMENTS

ねぇやん

テレビでね、遊ぶと来ないからアウトドアの勧めってやってたんだけど、こういうシートは引いてなかったです。
ましゅー。さんが監修してあげればいいのに。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください