(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【キャンプ】”焚き火ワークVol.11” ファイナル もうひとつのメイン。そして…。

焚き火

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… 疲れたよ。

お疲れさまでした。

ねこーん

何とか愛媛へ帰って来ました。しかし、車で行くと遠いよね、愛知県も。時間が無くて名物らしい名物も食べられていないし、これもある意味、コロナ禍の弊害だね。

ここから本編

今回の話題は【キャンプ】です。

( ゚д゚)ウム 続き記事となっています。

最初から読んだ方が楽しいですよ。

ねこーん

最初の記事はコチラです。

BUNDOK ソロベース【キャンプ】”焚き火ワークVol.11” その① ひっそりキャンプ。今回はバンドックの張りかたでも。

キャンプ記事続き

( ゚д゚)ウム メインその2。

ほゞ無水玉ねぎスープからの流れですね。

ねこーん

前回は、「個人的には今ひとつだった無水玉ねぎスープ。」までを紹介しました。今回はもうひとつのメインであるアレを作ります。うん、コレは失敗ないはずだから。

ステーキバーガーを作る

(☼ Д ☼) クワッッ!!! ハンバーグ!

はっ! ハンバーグ師匠!

ねこーん

先ずはレシピを載せますね。

It's アメリカン!なステーキバーガー。
  • ステーキ肉:1枚
  • イングリッシュマフィン:1個
  • フリルアイス(レタス):2枚
  • 焼肉のタレ

調理方法はコチラです。

STEP.1
バンズを準備する
イングリッシュマフィンを切る。
STEP.2
ステーキ肉を切る
ステーキ肉を適度な大きさに切る。
STEP.3
バンズを焼く
かるく焦げ目がつく程度にバンズを焼く。
STEP.4
ステーキ肉を焼く
好みの焼き加減にステーキ肉を焼く。
STEP.5
レタスをはさむ
バンズへレタスをはさむ。
STEP.6
ステーキ肉をはさむ
レタスの上にステーキ肉を乗せる。
STEP.7
焼肉のタレをかける
好みの量のタレをかける。
STEP.8
完成
美味しく頂いちゃって。

( ‘ω’)ŧ‹”ŧ‹” まあ、コレは美味しいよね。

材料の準備

イングリッシュマフィン

今回は”タカキベーカリー”さんのイングリッシュマフィンをバンズ代わりに使用しました。コチラ、かるく塩味が付いてて美味しいんです。

(゚д゚)(。_。)ウン 普通に美味しい。

ですね。

ねこーん

まあ、バンズは普通にハンバーガー用のバンズでも美味しいと思います。もちろん、食パンでも美味しいよね、きっと。

ステーキ肉

かるく下味をつけてステーキ肉を適度な大きさにカットしておきます。

フリルアイス

今回はちょっと特殊? なレタスを使ってみました。”フリルアイス”という品目の素材で、オランダの人が作った品種となるみたいですね。通常のレタスと違い、シャキシャキとした食感がウリなのだとか。

( ゚д゚)ウム 確かにシャキシャキはしてた。

ちょっと苦みもありましたケドね。

ねこーん

調理開始

では、調理を始めましょうか。

イングリッシュマフィン

まず、イングリッシュマフィンを半分に切ります。

(゚д゚)(。_。)ウン 手を切らない様にね。

ケガしちゃダメです。

ねこーん

イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィンを焼きます。場所が余ってたので、ついでにステーキ肉も焼いています。

(((uдu*)ゥンゥン 効率化大事。

それ、キャンプには似合わない言葉ですね。

ねこーん

ステーキバーガー

両方とも焼き上がったら、ササっと挟むだけで完了。美味しいし、簡単。うん、たまには凝らない料理でも良いのよ。簡単で美味しいし。

ステーキバーガー

(゚д゚)(。_。)ウン 完成品。

美味しそうですね。

ねこーん

まあ、美味しいですよ。ハズサナイ料理ですね。

オマケの料理

串焼き

薪が良い感じになったので、そのまま串焼きも焼いてみました。

串焼き

今度は煤だらけにならずに上手に焼けました。これもカナリ美味しかったです。そりゃ炭火だもんね、焼き物は美味しくなりますよね。

( ‘ω’)ŧ‹”ŧ‹” 下手すりゃ止まらんなるぞ。

食べすぎ注意になっちゃいますね。

ねこーん

まとめ

焚き火

( ^ω^ )ニコニコ こうやって眺めてるのが楽しいんだ。

ですね。

ねこーん

メインデッシュを食べ終わった後、炭を弄りながらチビチビとお酒を飲んで夜は更けていきました。この瞬間が楽しいんです。なんだろな、何も考えていない時間。いや、考えてはいるんだけど、そんなに大事なコトでもないような気もする。

そんな時間を過ごすからこそ、なんだかストレスが発散されてゆくんですよね。言葉など不要な至極な時間。この時間を味わいたいがために、なんとか時間を調整してソロキャンへ行くんだよな。

良い時間ですよね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 本当に楽しい時間なんだよな。

こんな感じで今回のソロキャンプも終了となりました。

キャンプ自体はとても楽しい時間でした。貸し切りでもありましたしね。でも、”ほゞ無水玉ねぎスープ”に関してはマダマダでしたね。もっと改良しなければ使える料理とはなりそうにありません。少なくとも、人には自信を持って食べさせられないかな。

串焼きとステーキバーガーは、まあ、やる前から分かっていましたケドね。うん、これで外すわけないもん。ただ、「当たり前がアタリマエに美味しい。」って言うのも大事だもんね。再確認できて良かったと思います。

さて、今回の焚き火ワークも今記事で終了。また近いうちにキャンプへ出かけようと思いますので、次回作を楽しみに待っててくださいね。

( ̄ー ̄)ニヤリ 次は何を作ろうかな?

考えるのも楽しいですね。

ねこーん

それではでは…、

アウトドアで非日常を感じる。いつもと違った一日、いつもと違う経験は貴方の生活に新たな活力を与えてくれる。そんな趣味を持っていれば、普段の生活もいつもと違って見えるかもしれません。

飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 自分自身の生活を充実させるために。新しいワクワクを感じるために…。

また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

12 COMMENTS

たき子

ここでまさかのハンバーグ師匠が(*´艸`*)
ほんと普通に美味しそう〜!
ああ、焼いた肉が食べたい。。。

返信する
風のましゅー。

そうか、北海道はもう冬ですもんね。( ゚д゚)ウム どうなんだろ、本当の冬になったら、キャンプできなくなるのかな? 寒すぎて。

返信する
風のましゅー。

(゚д゚)(。_。)ウン 鳥は考えてるのよね。何人かで行った時かな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください