(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】”アブダビGP” 今年のF1サーカスも終了しました。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(* ̄0 ̄)θ~♪ 焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き~。

ご機嫌ですね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム ついに購入するからね。楽天セールだし。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

第21戦が終了しました。

ヤス・マリーナ・サーキットですね?

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン これで今年のF1サーカスも終わりです。

アブダビGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 L.ハミルトン メルセデスAMG
2 M.フェルスタッペン レッドブル
3 C.ルクレール フェラーリ
4 V.ボッタス メルセデスAMG
5 S.ベッテル フェラーリ
6 A.アルボン レッドブル
7 S.ぺレス レーシングポイント
8 L.ノリス マクラーレン
9 D.クビアト トロロッソ
10 C.サインツJr マクラーレン
11 D.リカルド ルノー
12 N.ヒュルケンベルグ ルノー
13 K.ライコネン アルファロメオ
14 K.マグネッセン ハース
15 R.グロージャン ハース
16 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
17 G.ラッセル ウイリアムズ
18 P.ガスリー トロロッソ
19 R.クビカ ウイリアムズ
L.ストロール レーシングポイント

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 739
2 フェラーリ 504
3 レッドブル 417
4 マクラーレン 145
5 ルノー 91
6 トロロッソ 85
7 レーシングポイント 73
8 アルファロメオ 57
9 ハース 28
10 ウイリアムズ 1

( ̄ー ̄)ニヤリ あの前フリからまさかのF1記事。

まあ、コレで最後ですもんね。

ねこーん

ましゅーの感想

(((uдu*)ゥンゥン 今年も終わったね。

レッドブルについて

(・∀・)ウン!! 惜しかった。

でも、安定してましたよネ。

ねこーん

まず、予選はこの結果でした。

  • フェルスタッペン選手:3位
  • アルボン選手:6位

アブダビGPが開催される”ヤス・マリナー・サーキット”は、ホンダ…、いや、レッドブルと相性が悪いサーキットの様です。

「カレンダーには常に、特定のチームのマシンにとって相性が良く、他チームのマシンよりも適切なセットアップを見つけやすいサーキットがある。 ここはメルセデスに向いているコースであり、逆に私たちにとっては、最後のセクターは少しトリッキーだった」

M・フェルスタッペン F1速報

特にセクター3と言われる区間に至っては、この区間だけでメルセデスとの間に0.114秒の差が出来てしまうほど、「メルセデスが速く、レッドブルが遅い。」という結果となってしまいました。

でも、どちらかと言えば、「予選より本選の方が強い印象があるフェルスタッペン選手」でしたので期待していました。メルセデスのボッタス選手が、PUの変更によるグリッド降格で最後尾となっていましたので、実際のグリッドはフェルスタッペン選手が2位、アルボン選手が5位からスタートとなっていましたし。

( ゚д゚)ウム 追い風は吹いている。

ですね。

ねこーん

で、気になる本戦はこうなりました。

フェルスタッペン選手:2位

アルボン選手:6位

いや、さすがメルセデス。得意コースとしているだけの事はあります。フェルスタッペン選手も速かったケド、ハミルトン選手が一枚上手でしたね。

( ゚д゚)ウム 完敗やったな。

でしたね。

ねこーん

付け入るスキが無いとはあの事でした。特に見せ場もないまま、ポール・トゥ・ウィンを見せつけられる結果でした。

アルボン選手はね、堅実。派手さを感じないんだよな。悪く言えば、アグレッシブさが無いというか。まあ、あくまで僕の感想ですケドね。見ていて魅せられるものは感じないんだけど、着実にポイントは稼いでくれるので、チームとしては有難い存在ですね。

その他ホンダ勢

その他ホンダ勢であるトロロッソは…、

ガスリー選手:18位

クビアト選手:9位

という結果となりました。

ガスリー選手はね、レーシングポイントのストロール選手にヤラレタね。「リヤタイヤに車をぶつけられて、その反動でガスリー選手の車が前の車にもフロントをぶつける。」という、ひとり多重事故という憂き目にあいました。

(  ̄っ ̄)ムゥ ついてないのぅ…。

ですね。

ねこーん

前回のレースで2位を取得したので今回も気合が入っていただろうに、早々と後方へ下げられて苦しいレース展開を強いられました。その結果の18位。

クビアト選手はシナっと9位。最後のレースでもポイントを取得したのは立派です。

ドライバーの頑張りもアリ、トロロッソはコンストラクターズで6位という結果となりました。昨年度は9位でしたからね。3つのジャンプアップは素敵。今年で”トロロッソ”という名前も最後でしたので、有終の美を飾られたのではないでしょうか。

( ゚д゚)ウム ちなみに”アルファ・タウリ”へ名称変更です。

噛みそうですね。

ねこーん

レース優勝者は…

途中でも書きましたが、メルセデスの”ハミルトン選手”が優勝となりました。

( ゚д゚)、ペッ おめでとさん。

だから、ファンに怒られますって。

ねこーん

最後尾スタートのボッタス選手も2位入賞となりましたので、本当にこのコースはメルセデスが速いコースでした。

いやいや、ハミルトン選手。F1全21戦、全て入賞という離れ業も見せつけてくれました。

( ゚д゚)ウム ラスボス認定やな。

強いですね。

ねこーん

安定+本気になった時の速さ。来季も、「ハミルトン選手とメルセデスのパッケージ」はレッドブルにとって高い壁となるでしょう。同じメルセデスのボッタス選手も一級品だし。

(  ̄っ ̄)ムゥ 来季も手ごわいのぅ…。

高い壁ほど、乗り越え甲斐がありますよ。

ねこーん

これにて2019年のF1サーカスはすべて終了しました。

また、次の開催が待ち遠しいですね。今季の最後ではレッドブル+フェルスタッペン選手のパッケージが速さを魅せつける場面もありましたので、来季、2020年はきっとイロイロと目にモノ見せてくれると思います。

(`・ω・´)シャキーン オリンピックイヤーだしね。

関係あるんですか?

ねこーん

まあ、何にせよ、来年の開催までF1記事はシーユーです。

それではでは…、

長く続くトンネルにも出口はある。苦しんで歩を進めれば進める程、出口の光は眩しく輝く。

「みろ、あそこに見える光がみえないのか。」

力は十分に蓄えた。いまは光へ向けて大きく羽ばたく時だ。その翼を大きく広げ、あの光輝く場所へ向かうのだ。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! 行ったレ! ホンダ。

4 COMMENTS

風のましゅー。 風のましゅー。

(ΦωΦ)フフフ…                    (ΦωΦ)フフフ…

返信する
うめ

F1アイルトン・セナの時代は夢中で見てました。あの悲劇の事故で…今も私は、セナ大好きです。

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

残念でしたよね。(ノД`)シクシク ドライバーの安全を第一に訴えていたセナがああなるのは悲劇でしたね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください