(υ´Д`)アツー  初夏ですよ。

【映画】”オケ老人” 杏さん。わかり易いのが良い時もあるやね。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ 年末ですねぇ…。

忙しくなってきましたね。

ねこーん

帰省ラッシュは29日がピークだったのかな?渋滞のニュースを見るたび身震いがします。僕は耐えられないと思います。「トイレとかどうするんだろうな?」なんて思ったら恐怖ですよ。トイレ用の良いグッズがあるのかな?今度、調べてみよ。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

(゚д゚)(。_。)ウン 楽しそうで良い。

歳を取ったら、こんなのも良いですよね。

ねこーん

作品について

(  ̄っ ̄)ムゥ まったりと映画を観てました。

こんな時間も良いですよね。

ねこーん

いいやね、こんなのほほんな一日も。そんなマッタリな日々によく似あう映画を今回は見てやりました。

今回紹介する映画はコチラです。

オケ老人

( ゚д゚)ウム マッタリ。

楽しいですよね。

ねこーん

原作について

”荒木源”さんの同名小説が原作となっています。僕は恥ずかしながら、この人の作品を読んだ事がないですね。”探検隊の栄光”(こちらも藤原竜也さん主演で映画化)なんかも書かれているのを見ると、ほのぼのとしながらも、時折、鋭く胸を刺してくるような作品が多いのかな。

ちょっと興味が湧きましたので、チャンスがあれば読んでみたいと思います。

出演者

監督 細川徹
小山千鶴
野々村和音 黒島結菜
野々村秀太郎 笹野高史
坂下くん 坂口健太郎

(´・∀・`)ヘー メンツは豪華。

失礼な言い草ですよ。

ねこーん

すいません。「B級なんじゃねぇか。」と思っていたんですが、出演陣はガッツリ一線級です。特に老人役のメンツが豪華。というか、本当にお歳は取られているんだけれども。

作品内容

学生時代にオーケストラに打ち込んでいた、”小山千鶴”(杏)。

社会人となり教師として教鞭をとっていたが、ある日みたオーケストラの定期公演をみて、オーケストラ魂に火がついてしまう。意を決し、心奪われた楽団に入団を申し込む千鶴。しかし、彼女が連絡したのは、よく似た名前の”梅が丘交響楽団”だった。

梅が丘交響楽団、それは老人だらけのオーケストラだった…。みたいな感じです。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(3.0)
ストーリ
(3.5)
役者
(3.5)
総合
(3.5)

( ^ω^ )ニコニコ 良い作品です。

面白かったですね。

ねこーん

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

マッタリ観るのに適した映画です。

伏線も張られていますが、伏線?いや、本線ですよね??というくらい、わかり易いストーリ。

たまにね、映画というと、「深い内容を求められたり、観客の裏をかくストーリーや予想もしない展開。」を求められがちです。でも、映画ってエンターテイメントやもん。

もちろん、重厚な映画や複雑な映画はとても面白いですが、”水戸黄門”のような、出来レース的な映画も面白いです。なんだろ、見ているとホッとできるような、そんな映画は貴重です。

しかし、”杏”さんてお綺麗ですね~。この作品が初主演作品だとか。これからの活躍が楽しな女優さんですね。

とにかく、正月に子供さんと安心して観られる映画です。興味がある人は観て下さいね。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください