(・ε・)ムー  ムシムシする。

【キャンプ】”コンパクトストーブ” 3品から考える。高原キャンプには必要。

アウトドア

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(-ω-;)ウーン ヤハリな。

手のひら返しですね。

ねこーん

テレビでアウトドアが勧められていました。その結果、マナーの悪い客が出始め、その所業がネットや報道でガンガン叩かれています。ちょっと潮目が変わったかも。

以前にあったブラックバス釣りの大流行時のように、さまざまな場所が使用禁止にならない様、祈るばかりです。

ここから本編

今回の話題は【キャンプ】です。

( ゚д゚)ウム 準備をせねばならん。

涼しさを求めますもんね。

ねこーん

高原キャンプを計画中

( ̄ー ̄)ニヤリ 星も綺麗だし。

涼しいですしね。

ねこーん

初夏、梅雨を経由すればもう夏。昨年は平地へキャンプに行きましたが…。

地獄でしたね。

ねこーん

ι(´Д`υ)アツィー 思い出したくもない。

キャンプ自体はとても楽しかったですが、とにかく暑くて寝られないの。テントの中はサウナ状態だったもんな。前回の夏キャンでは眠れたのが夜中の3時だったんじゃないかな。とにかく暑くて寝られん。

んで、今年も夏休みを利用して、夏キャンへ出掛けたいとは思っているのだが、昨年と同じ轍は踏まん。オートサイトで楽しんで車中泊をするか、涼しい所へ行くか…。

( ゚д゚)ハッ! 高原良いんじゃない?

良いかも知れませんね。

ねこーん

という事で、計画をしとる訳です。

欲しい理由

それで今回の記事となります。

高原キャンプを実施するに辺り、ネックとなるのが”焚き火”なんですよね。もちろん、焚き火自体がとても楽しいですので、焚き火をしたい処ではある。でも、高原って標高が高いので、焚き火しづらいんです。(酸素が薄いしね。)

あと、山火事が怖いので、「焚き火台を使用しているとはいえ、火の粉とかが管理できないので控える。」という思いもある。(焚き火が禁止されている所もありますので、調べてから出かけましょう。)まあ、本当の高原で開けている処なら出来るとは思うけど。

何にせよ、登山でのビバークも考えて、今後の為にコンパクトストーブが欲しいのよ。焚き火は出来なかったとしても、料理は作らなあかんし、コーヒーも飲みたいし。

そうなると欲しくなるのがストーブなのよね。

( ゚д゚)ウム 仕方なしやな。

欲しいだけの様にも聞こえますケド。

ねこーん

選んだ商品

有名どころで言えばこいつ等になるのかな。まあ、使えないと大変な目に遭うので、信頼と実績で買いたいところではあります。

それでは、選んだ3つを紹介。

(゚д゚)(。_。)ウン こいつ等なら。

大丈夫でしょうね。

ねこーん

SOTO アミカス

(゚д゚)(。_。)ウン 有名ですね。

アウトドアショップでよく見かけますね。

ねこーん

”SOTO”さんのコンパクトストーブです。SOTOさんと言えば”新富士バーナー株式会社”という社名ですので、バナー関連では本職も本職。愛知県にあるメーカーさんですね。

1978年から工業用バーナー屋さんとして事業を始められていますので、バーナー屋の信頼と実績はバッチリ。アウトドアへの参入も1992年からなので、アウトドアのノウハウも持ち得ていますね。

φ(.. ) 30年作ってると…。

歴史がありますね。

ねこーん

値段も手ごろなので最有力候補かな。

PRIMUS(プリムス)フェムトストーブ

(゚д゚)(。_。)ウン これも有名。

イワタニさんですもんね。

ねこーん

”世界のイワタニ”のグループ会社である”イワタニ・プリムス株式会社”が販売してる商品ですね。ガス関連品という意味では、イワタニさん発売ですので言わずもがな。スウェーデンの会社であるプリムス社と手を組んでますので、アウトドアのノウハウも充分と言ったところ。

まあ、会社自体も1985年からですので、信頼と実績はバッチリです。

SOTOさんと比べるとチョット高いのかな。でも、コチラもどこでも見かけることが出来ます。このタイプのストーブは燃料缶の交換が必要ですので、「どこででも購入できる。」というのは非常に魅力です。

注意
「燃料缶の口が合っていればどこのメーカも使える。」という乱暴な事を言う人がいますが、絶対に止めましょう。メーカー推奨品しか使ってはダメです。内部(マテリアルとか構造とか)はメーカにしかワカリマセンし、その結果として推奨品を出してますので。変な事してると補償も効きませんよ。
キャプテンスタッグ オーリック 小型ガスバーナーコンロ

(・ε・)ムー  コレが穴やケド…。

どうなんでしょうね。

ねこーん

キャプスタと言えばみんなの味方。低コストで良い商品を作るアウトドアメーカさんです。僕も大好きなメーカです。今でも折りたたみローテーブルをガッツリ使っています。

このバーナーはどうなんでしょうね。パール金属工業さんがグループ会社なので、そこに作って貰っているのか、それとも、キャプスタにしては値段が高いのでOEM商品で何処かに供給して貰っているのか。

(-ω-;)ウーン わからんな。

ですね。

ねこーん

気軽なアウトドアに使用するなら、マッタク問題ないと思います。でも、登山へ持っていくと考えたらどうだろう?悩ましい所ではあります。

値段もそこまで安くはないし、コレを選定する事はないかも…。

まとめ

”どっち”かを買います。

どっちか?

ねこーん

(;^ω^) いや、”どれか”を。

これの購入で普段のキャンプも楽になります。晩ごはん後の珈琲は焚き火があるので楽なんですけど、朝の珈琲はお湯を沸かすのが面倒だったんですよね。ソレがコレで解決。

(  ̄っ ̄)ムゥ でも…。

ですね。

ねこーん

コレを買った結果、アルコールバーナーは使用しなくなるかも知れません。その辺りは悩ましい所ですな。

まま、購入したらレビューを書きたいと思います。それまで、どっちを買ったか考えて下さいね。

どっちか?

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ どちらか。

それではでは…、

アウトドアで非日常を感じれば、普段の生活も充実するかも知れません。飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 楽しい時間は貴方のすぐそばに…。

また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

8 COMMENTS

たき子

キャンプで暑くて寝れないのは辛いですよねえ。
私も海キャンプで凝りました(;_;)
高原いいですね!
ぜひ楽しんできてくださいませ♪

返信する
あかつき

この、行く場所によって用意するものを替えたり
新しいものを使う状況をイメージする…
この過程もまた楽しそうでわくわくが伝わります
高原のコーヒーとかいいなあいいなあ

返信する
風のましゅー。

(((uдu*)ゥンゥン 良くわかっていらっしゃる。その通りですぞ。

返信する
ねぇやん

ストーブと言うから、ヒメが好んで当たるようなストーブ、小型暖炉みたいなのかと思いました。
最後までどっちか、って言う事はもう二つには絞ってあるのねー(*´ω`*)

返信する
Nick Ollie

ストーブってこういうのなんですねー。薪ストーブみたいなのを想像してた。でもこれがあれば、焚き火より簡単にコーヒー飲める。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください