( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" 栗の季節だよね。

【F1】第11戦 ”ハンガリーGP” リゾルト。 納得いかぬ…。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(・ε・)ムー  緊急事態宣言がどうなるか…。

どうなるでしょうね。

ねこーん

夏季休暇にはキャンプ等の予定を組んでいます。密になるトコロには行けないが、少しは遊びたい思いもあって。でも、この調子だと、どうなるか全く不鮮明となりました。愛媛の罹患者数が跳ねた場合、見直しを実施しようと思います。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

(# ゚Д゚) ちょっとおかしいやん!

気持ちは良く分かります。

ねこーん

今回のリゾルトは大波乱となりました。その大波乱を巻き起こしたのは例のメーカーです。だいたいね、FIA(国際自動車連盟)とメルセデスがズブズブやから、いらん誤解を生むねん。そこんトコロ、はっきりさせて欲しいです。

まま、それでは第11戦のリゾルトをどぞ。

ハンガリーGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 E.オコン アルピーヌ
2 S.ベッテル アストンマーティン
3 L.ハミルトン メルセデス
4 C.サインツJr フェラーリ
5 F.アロンソ アルピーヌ
6 P.ガスリー アルファタウリ
7 角田裕毅 アルファタウリ
8 N.ラフィティ ウイリアムズ
9 G.ラッセル ウイリアムズ
10 M.フェルスタッペン レッドブル
11 K.ライコネン アルファロメオ
12 D.リカルド マクラーレン
13 M.シューマッハ ハース
14 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
N.マゼピン ハース
L.ノリス マクラーレン
V.ボッタス メルセデス
S.ぺレス レッドブル
C.ルクレール フェラーリ
L.ストロール アストンマーティン

※レッドブルとアルファタウリがホンダエンジンを搭載しています。順位は暫定です。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデス 300
2 レッドブル 290
3 マクラーレン 163
4 フェラーリ 160
5 アルピーヌ 75
6 アストンマーティン 66
7 アルファタウリ 64
8 ウイリアムズ 6
9 アルファロメオ 2
10 ハース 0

後でゆっくり書きますが、この2戦でレッドブルとメルセデスのコンストラクターズ順位がひっくり返りました。しかし、納得はいかん。レースで負けたんなら仕方がない。でも、何やねん、この2戦。意味ワカラン。

(#^ω^) 腹立つわ~。

気持ちはわかりますよ。

ねこーん

ましゅーの感想

(  ̄っ ̄)ムゥ 書きますか。

ですね。

ねこーん

先ず、予選でのレッドブルの結果は、

フェルスタッペン選手:3位

ぺレス選手:4位

という結果でした。

(((uдu*)ゥンゥン ワルクナイ。

でも、もう少し前なら…。

ねこーん

ミニレースを行う”スプリント予選”ではなく、通常の予選で行われたハンガリーGP。正直、予選を終えたドライバーの話を聞いていると、レッドブルよりメルセデスの方がサーキットにフィットしていた感じ。

その結果、フロントロウにはメルセデスが並び、レッドブルはセカンドロウから本戦へ望みます。まま、レッドブルのドライバーはレース巧者でもありますから、あまり熱くならなければ十分な勝機はある。

そんな感じで臨んだ本戦結果は…、

フェルスタッペン選手:10位

ぺレス選手:リタイア

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ ) おらぁ!

また…ですか。

ねこーん

レース開始早々、メルセデスのボッタス選手を起点とした多重クラッシュが発生。ペレス選手はアクシデントに巻き込まれコース外へ、そして、そのままリタイアとなりました。

フェルスタッペン選手はマシンの左に大きなダメージを受けました。レッドブルクルーの必死なメンテナンスにより、何とかコースへは復帰しましたが、上位を目指せる状態ではありませんでした。それでも、10位に入賞したのには意地を見ました。

異常な出来事が続いて、大量のポイントを失っている。彼ら(メルセデス)はもちろんとても速いけれど、僕たちは自分自身のことに集中して、努力していくだけだ。そして最終的にどういう結果が出るのかを見てみよう

M.フェルスタッペン(F1ドライバー)F1速報より引用

アルファタウリについて

アルファタウリは…、

ガスリー選手:6位

角田選手:7位

という結果となりました。

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ スゴイやん!

明るい話題ですね。

ねこーん

わちゃわちゃしたレース展開にも慌てず、2台ともポイント圏内で走り切ったのは凄いと思います。

僕にとっては、レースが始まるまではとても厳しい週末だったので、サマーブレイクでリセットするとともに、スパに向けて何が必要か確認していきます。後半戦では、安定してポイント獲得を果たしていければと思います。

角田裕毅(F1ドライバー)F1速報より引用

6位自体は僕たちにとってはいい順位だけど、決勝中に起きたことを考えれば、もっといい結果も可能だったと思うんだ。予選では中団トップだったし、マシンにも満足していた。だから、今週末はポジティブな要素がたくさん見つかったのは確かだ。ただ、コンストラクターズ選手権の順位争いで、大幅に遅れを取ったことは残念だ。

P.ガスリー(F1ドライバー)F1速報より引用

確かに、上を狙おうと思えば狙えたはず。そして、ソレが出来るマシンでもあったハズ。しかし、ハンガロリンクとは、ホンダ、レッドブルともに相性が悪かったみたいですからね。ポイントをしっかりと掴んだだけでも良しだと思います。

レース優勝者は…

ハンガロリンクを制したのは、アルピーヌのオコン選手です。

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ すげえ!

驚きでしたね。

ねこーん

多重クラッシュがあったとはいえ、優勝するに値するドライビングでした。しかし、オコン選手も良かったのですが、相方であるアロンソ選手が凄かったです。

明らかに劣勢なアルピーヌのマシンで、見事なまでにメルセデスのハミルトン選手を抑え込んでいました。最後は僅かなミスで抜かれましたが、非常に見応えのある戦いでした。彼が長い間ハミルトン選手を抑え込んだことが、オコン選手の優勝に繋がったのは間違いありません。

( ゚д゚)ウム ヤッパリ上手いんやな。

久しぶりにカッコ良いとこを見ましたね。

ねこーん

ニュース

もうね…。なんやねん。

前回のイギリスGPに引き続き、メルセデスのドライバーに崩されたレースとなってしまいました。もうね、何やねん。今回のリゾルトにより、ドライバーズランキングもコンストラクターズポイントも、レッドブルがメルセデスに負ける結果となっています。

(#^ω^) 納得いかん…。

コレはそうですね。

ねこーん

実力で負けたなら納得できる。でも、クラッシュ、しかも、メルセデスの選手が起こしたクラッシュに巻き込まれて大量ポイントを失っているのだから納得いかん。

まあ、クラッシュを起こしたくて起こしている訳ではないでしょうから、百歩譲って仕方がないとも思うのよ。でもね、FIAから提示されるジャッジやペナルティがメルセデス寄りに見えるから、ややこしい話になるのよね。

「これが逆なら、果たしてどんなジャッジになったのか?」

そう考えると、もっと厳しい裁定が下されたんじゃないかと疑うんですよね。そして、ファンにそう思わせてしまう状況にあること自体が問題だと思うのよね。

( ゚д゚)ウム ジャッジが不公平だと…。

スポーツで無くなりますよね。

ねこーん

まあ、今後の展開を楽しみに待ちましょう。サマーブレイクですので、レッドブル陣は充分にリフレッシュして欲しいと思います。

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… さてと…。

疲れましたね。

ねこーん

次回のレースは、

ベルギーGP スパ・フランコルシャン 8/27~8/29

です。

それではでは…、

長く続くトンネルにも出口はある。苦しんで歩を進めれば進める程、出口の光は眩しく輝く。

「みろ、あそこに見える光がみえないのか。」

力は十分に蓄えた。いまは光へ向けて大きく羽ばたく時だ。その翼を大きく広げ、あの光輝く場所へ向かうのだ。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! 行ったレ! レッドブル。

4 COMMENTS

ビー玉

大阪では百貨店でクラスターが起こったりしてるから、お盆は引きこもりだなぁ(;´д`)トホホ…家で楽しめるものを探します( ˙-˙ )

返信する
風のましゅー。

(  ̄っ ̄)ムゥ 仕方がないよね。でも、お家でも楽しい時間は過ごせるはず。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください