( ̄¬ ̄*)じゅる 芋だよ。やっぱり。

【レビュー】”Xperia8” 5にするか8にするか。僕はコッチを選びました。

レビュー

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(* ̄0 ̄)θ~♪ 夕焼け小焼けの赤とんぼ~。

どうして急に。

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン 小焼けって意味ないらしいよ。

えっ、そうなんですか?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン そうなの。まあ、ソレだけなんだけど。

— ここから本編 —

今回の話題は【レビュー】です。

(´・ω・`) 突然の別れ。

急でしたよね。

ねこーん

(ノД`)シクシク お別れってそうなのかもしれんな。

1.商品概要

( ゚д゚)ウム 本当にとつぜんだった。

90 → 0とかになっていましたもんね。

ねこーん

突然の別れ

2年と6か月…。いま思えば、そんなに長い間いっしょに居たんです。起きている時は、「殆ど傍にいた。」と言っても過言でありません。そんな僕の一部だったとも言ってよい、”Xperia XZ”が昇天されました。

(´;ω;`) あっちでも達者でな。

君の事は忘れませんよ。

ねこーん

電池に不具合が発生し始めたんですよね。電池残量が90%から急に0%となってみたり、充電を始めると1分で充電が終わってみたり。

(  ̄っ ̄)ムゥ 不思議と電池の末期はこんな感じになるよね。

中のセルが壊れるらしいですケドね。

ねこーん

残念ながら、このままでは通常の使用もままならないので、スマホを新規購入する事としました。まあ、「電池を交換する。」という手段もあったのですが、内臓メモリの量にも限界が来ていましたからね。そろそろ限界を感じていました。ですので、意を決し、今回はお別れというコトにしました。

(ノД`)シクシク 君の…(ry

しつこいですよ。

ねこーん

どのスマホにしようか

僕が購入するスマホはXperiaと決まっていますので、悩むのは5か8か…でしたケドね。いや、嘘。今回、初めてiPhoneへの変更を真面目に考えました。

(-ω-;)ウーン 周りから強く勧められるんだよネ。

初めて、「良いかもな…」なんて思いましたよネ。

ねこーん

会社にね、「貴方はiPhoneの営業マンですか?」くらいの勢いで進めてくる同僚が居ましてね。(ひょっとしたら、マージンでも貰ってるのか?笑)凄く勧めてくるので、「iPhoneって良いかも…。」って感じ始めちゃったんですよね。

でもね、ソコはさすが”ましゅー。”グッと我慢しましたよ。

裏切れないんです。Sonyを裏切るわけにはイカンのです。

(`・ω・´) 発売される限りはXperiaでいく。

ついていきますよ!

ねこーん

そんな訳でね、先ほど書いた、「どのスマホにしましょうか…」というタイトルへの解は、

”Xperia5”か”Xperia8”にするかの二択

です。(Xperia1はプロトタイプみたいな感じですので、1にするなら僕は5にします。)

Xperia5の性能

Xperia5
CPU Snapdragon 855
外側カメラ 約1,220万画素×3
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約6.1インチ
HDR対応有機ディスプレイ
RAM/ROM 6GB/64GB
SDカード microSDXC(最大512GB)
電池容量 3,000mAh
高さ×幅×厚さ 約158×68×8.2(mm)
重量 約164g

Xperia5はフラッグシップモデルとなります。ですので、積んでいる性能も現Xperiaでは”最新&最強”ですね。(量産型…としてです。最上級のXperia1はプロトタイプだと僕は思ってる。)

(;゚Д゚) カメラが3つもついてる。

映像も綺麗ですね。

ねこーん

アタリマエですが、ミッドレンジであるXperia8と比較すると全ての性能が上位。お金にゆとりがあって、スマホの性能を重視する人ならば、Xperia5を選べば間違いありません。(もっと良い性能を…と考える人はXperia1をどーぞ。)

しかしながら、フラッグシップモデルとなりますので、

お値段も上位の90,000円前後

となります。

Xperia8の性能

Xperia8
CPU Snapdragon 630
外側カメラ 約1,220万画素+
800万画素
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約6.0インチ
フルHD+TFT液晶ディスプレイ
RAM/ROM 4GB/64GB
SDカード microSDXC(最大512GB)
電池容量 2,760mAh
高さ×幅×厚さ 約158×69×8.1(mm)
重量 約170g

先にも書きましたが、ミッドレンジモデルとなります。(販売はYモバやau等にて。)

性能は全てにおいてXperia5より落ちます。巷の噂で、「中身はXperia10と変わらない。」という話もあります。(Xperia10は1世代前)

そんな評判もあるXperia8ですが、僕はあるひとつの性能を決定打としてコチラにすることを決めました。ある性能って言っても唯のこだわりですケドね。(詳細はのちほど。)

ミッドレンジモデルですので、

お買い求め易い、54,000円前後

となります。

2.商品紹介

(っ’-‘)╮ =〇 そりゃ。

また、そうやって投げる。

ねこーん

外観

Xperia8 外箱

白い化粧箱に美しく収められておりました。「化粧箱が豪華だな…。」なんて思っていたのですが、考えれば決して安い商品ではないので、コレくらいの包装は当たり前かもしれませんね。

(  ̄っ ̄)ムゥ むしろ、オマケにうまい棒を付けてくれてもいいぐらいだ。

うまい棒…10円ですよ。

ねこーん

Xperia8

すでに、液晶面へ保護フィルムを貼ってる状態で写真を撮りました。(しかも、気泡が入るというミステイク。ムツカシイよね。)

21:9のワイドディスプレイはやはり縦長いです。でも、SNSとかを使う時は確かに便利なんです。よく考えられた大きさだと思いますね。縦長いですので、片手で持ちやすいですしね。

( ゚д゚)ウム こういうの開発するって楽しいだろうな。

夢を詰め込められますよね。大変でしょうけど。

ねこーん

Xperia8 裏面

(`・ω・´)シャキーン デュアルカメラ搭載!

いや、Xperia5はトリプルレンズカメラですよ。

ねこーん

Xperia5との大きな違いのひとつがカメラ性能です。

一言で言うと、Xperia5の方がトリプルレンズですのでイロイロ出来ます。でも、僕は「スマホカメラに重要度を置いていません。」ので、この性能差は問題なしです。(カメラの性能としては、コンパクトデジタルカメラの方が遥かに上ですので。)

内容物

Xperia8 内容物

化粧箱の中身はこんな感じです。充電器は付いていませんが、”充電口がType-CのUSB”ですので、今まで使用していたXperiaXZ用の充電器がそのまま使用可能です。

あとね、気付きました?

オープンイヤー型 ヘッドセット

オマケで”オープンイヤー型”のイヤホンが付いていました。

(((o(*゚▽゚*)o))) もうけた~。

ちょうど欲しかったんですよね?

ねこーん

コレは予想外のおまけでしたね。とても嬉しかったです。

3.ましゅーの感想

ザクっと全容をお見せしましたので、簡単な感想を書いておきます。

わかり易くね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム 頑張りまっす。

いろいろなサイトでも書かれていますが、スマホの能力だけを見ればXperia8はXperia5よりかなり劣化します。

簡単に書いても…、

  • CPUが旧式。
  • カメラ性能が劣る。
  • RAMが4Gに減らされている。
  • Xperia5と比べ映像が劣化している。
  • 電池容量が落ちる。(連続使用時間も落ちます。)
  • テレビチューナーが無い
  • スマホ搭載のスピーカはモノラル

等々…。かなりの劣化となります。

でもこれは、「あくまで性能を比較した場合。」その人の使い方によって、「求められるスマホ性能は大きく変わります。」ので、何でもかんでもハイスペックすぎる物を購入するのは銭失いになります。

(`・ω・´)シャキーン 猫に小判って奴やね。

豚に真珠って奴ですよね。

ねこーん

例えば、CPUに高負荷の掛かる”最新のスマホゲーム”等をプレイしない人には、さほど高スペックなCPUは必要ありません。

「カメラが趣味。スマホは簡単な静止画が取れればよい。」と考える人には、高性能なスマホカメラは不要です。(僕はモロこれです。)

そうやって切り取ってゆけば、「どこの性能に拘るのか。」が見えてくるはずですし、それ以外の能力に無駄なお金を掛ける必要はありません。どーせ、2年でまた乗り換えを考えるコトになりますしね。

僕は、

  • 音楽が聴けること
  • 必要なソフトが走ること(カレンダーとかTodoリストとかね。)
  • ゲームはモンストぐらい

がスマホに求める必要な能力でした。それを勘案すると、

(`・ω・´)シャキーン Xperia8で充分やな。

お値段もほぼ半額ですしね。

ねこーん

という結論となりました。

最後となりますが、Xperia8を選んだ決定打となった性能を書いておきますね。

決定打となった性能は…、

イヤホンジャックが付いているコト

(`・ω・´)シャキーン これです。

えっ?

ねこーん

昨今はBluetoothイヤホンが主流です。また、僕もBluetoothイヤホンを多く使っています。ですので、イヤホンジャックは要らないと言えば要らないです。でもね、僕がSonyを好きになった商品が”ウォークマン”なんですよ。

( ゚д゚)ウム 付いていて欲しいのだ。

こだわりのみですね。

ねこーん

スマホを音楽プレイヤー代わりに使用している僕にとって、イヤホンジャックは有って欲しいのです。可能であれば。完全に趣味な世界の変なこだわりですが、「イヤホンジャックも付いているし、性能も十分だし。安いし。」という理由が決定打となったのは間違いないです。

以上です。前に使用していたのが”XperiaXZ”でしたので、今は、「正に快適。」です。また、途中で書きましたけど、21:9のワイドディスプレイは想像以上に使いやすいです。

わかる、わかるよ。良いよね、iPhoneも。でもね、Xperiaも見てみて。


4.宣伝

ここから宣伝ですよ~。(。・ω・)ノ゙

皆さん! 様々な商品を買う時に、どのECサイトを利用していますかね?

有名どころのAmazonですか? それともYahooショッピングですか? セブンショッピングかな?

それぞれのサイトにそれぞれの強みがありますが、今回は”楽天市場”をオススメします。

【広告】

お勧めの理由

お勧めの理由と書きつつこんな事も書いちゃうのだが、商品数、現金での安さという点では、Amazonの方が上だと思います。楽天にはないケド、Amazonにはあるという商品が結構ありますので。しかも、どれも安いので。

ただね、それはECサイトとして比べたら。の話だと思っています。商品を販売するサイトとしては、楽天よりAmazonだと思うんです。しかしながら、”楽天経済圏”として考えると、チョイと見方が変わると思うんですよね。

そう、イロイロと楽天サービスを使っている…。となると、話は変わってくるんですよね。

例えば、ゴルフの予約をするのに”楽天GORA”を使い、ネットで銀行を使うのに”楽天銀行”を使い、カード払いに”楽天カード”を使う人なら、買い物市場も”楽天市場”を使った方がお得となる事が多いんですよね。

その理由はずばり…ポイントだよね。

楽天と言えばそうですね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 本当に大盤振る舞いの時があるからね。(笑)

ポイントについて

ポイントが大盤振る舞いされる時…それは”楽天マラソン”ですね。今や、楽天市場の代名詞と言っても良いほど、破壊力を持ったイベントです。

様々な制約があるモノの、上手にお店の買い回りをすると最高43倍のポイントを得ることが出来ます。43倍のポイントが付くというコトは43%引きされているのとと同じですからね。(ただし、貰えるポイントは期間ポイントで、上限10,000ポイントとなりますケドね。)

ポイントって実は結構使いにくい…。なんて思っている人も大丈夫です。

ポイントは楽天Edyへチャージするコトが出来ます。(期間ポイントは出来ません。)楽天Edyは電子マネーですが、昨今のキャッシュレスの流れもアリ、使える場所がかなり増えました。そのお陰で、楽天Edyへチャージ出来る…というコトは、実質、お金を貰っているコトと変わらなくなりました。

ECショッピングサイトで見れば楽天は未だナンバーワンではアリマセンが、”楽天経済圏”へ入り、様々に派生しているサービスを使いこなすコトを考えれば…お得になると思いますよ。

(`・ω・´)シャキーン 使いこなすのだ!

フォースと共に!

ねこーん

もっかい貼っときます。

【広告】

以上、宣伝でした~。

(。・ω・)ノ゙ それでは今日はこの辺で。あっ明日休みです。

10 COMMENTS

ねぇやん

ブルートゥース、落っことすから…線路上への落とし物で最近ぐっと増えてきてるのが、イヤホン類なんですって。わたしだけじゃなかった(^_^;)

返信する
miyukitty

私もずっとXperiaを使っています(^_-)-☆同じく今はXperiaXZなんだけど、電池の消耗が激しいです。ほぼメールとカメラしか使っていないけどね(^▽^;)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

おーここにもヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ  Xperiaチームでも作るか。

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

くっ…悩ますヤツがここに。(笑) イヤホンジャック…わかるやろ?

返信する
あかつき

自分もそろそろ2年で悩んでます…
最近のスマホは本体無事でもバッテリーが2年前後でダメになりますよね…
そして同じくiphoneにするかXperiaの新しいのにするか…うーん…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください