(っ'-')╮ =〇 豆をくらえ!

【映画】”アルビノの木” 期待し過ぎたかな…。残念。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… 何だかしんどいね。

インフルも流行っていますし、気を付けましょうね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン あとちょっとで、せっかくの冬休みだもんね。

— ここから本編 —

今回の話題は【映画】です。

(  ̄っ ̄)ムゥ 正直、今ひとつ。

期待は大きかったんですケドね。

ねこーん

今回紹介する作品はコチラです。

1.作品について

(-ω-;)ウーン 期待は大きかったのだが…。

アルビノの木

スゴク期待していたんです。ジャケットを観てから。でね、裏のあらすじを見ると更にその気持ちがブーストされまして、ワクワクしながら鑑賞したのです。

(´・ω・`) でも…。

そういうコトもありますよ。

ねこーん

原作について

映画オリジナルの作品となっています。

( ゚д゚)ウム 最近、このような日本作品減ってマスよね。

ネームバリューが少ないと…。

ねこーん

前評判がイマイチだと興行収入にもろ響きますからね。でも、こういったオリジナル作品が素晴らしく練り上げられた良作だと、「良いものみたなぁ…。」と素直に喜べるんですよね。

前評判の高い作品は最初からある程度の色メガネを付けて見てしまいますからね。原作が良品であればあるほど、越えなければいけないハードルも高くなりますし。そういう意味ではオリジナル作品の方が有利な点も多いです。

(((uдu*)ゥンゥン どんどんオリジナル作品が出て欲しいよな。

そうですね。

ねこーん

出演者

監督 金子雅和
ユク 松岡龍平
ナギ 東加奈子
羊市 福地祐介
火浦 長谷川初範

(-ω-;)ウーン あんまり知らないな。

あれ、カルクぶっちゃけてますよ。

ねこーん

( ゚д゚)ウム ”長谷川”さんは良かったけどね。

作品内容

「時は常に流れているんだ。今時、シロシカ様なんて…。いつの時代の話なんだ。時代錯誤にもほどがある。彼らのせいで街が発展できない。鹿を駆除して貰えないだろうか。」

害獣駆除を生業としていた”ユク”にひとつの仕事が舞い込んでくる。土地で”シロシカ様”と呼ばれ、畏怖されているアルビノ種の鹿を駆除する仕事が。

アルビノ種であるシロシカを神と崇め畏怖する寂れた村の人々。突然変異の鹿は、新しく根付いた産業に暗い影を落とすのではないかと危惧する役場の人々。人間の勝手で駆除される鹿に戸惑いを覚えながらも、母の手術のために多額な報酬に目がくらんだユク。

ユクは雄大な自然に入り込みシロシカ様を追う。ソレを合図として物語は進み始める。それぞれの想いを紡ぎながら。

2.ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(1.0)
ストーリ
(1.5)
役者
(1.0)
総合
(1.5)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

き…厳しいですね。

ねこーん

僕の感想

(´・ω・`) 今ふたつ。

この評価だとそうですね。

ねこーん

風景映像には素晴らしいものがありました。環境映像としてゆっくり眺めていられるほどです。いや、ほんと、ソレだけでよかったかも。褒められるのはソコだけです。

題材は素晴らしいんです。良くも悪くも、日本が抱える問題ですしね。「伝統なのか、タダの悪しき風習なのか。」そんな事は日本なら未だにアチコチで見られる風景です。

その風習と現代の時流とで若者は悩むべきですし、それらを飲み込みながら人も町も少しづつ成長するものですし。「難しくてもゆっくりと変わらなければならないもの、決して変えてはならないもの。」人々はぶつかり合い、ののしり合い、妥協しあいながら、それでも進んでゆかねばいけないと思うんです。

そういった意味でもこの題材は素晴らしいと思ったんですが、訳の分からない恋愛なんかを入れたせいで、タダのマタニティブルー映画となっています。あとね、残念ながら、演者の演技力がまったく足りていません。学芸会を見ているようでした。

自然の映像美も素晴らしい、題材も素晴らしかったはずなのに出来上がったのは…。

(-ω-;)ウーン やっぱり、映画を作るのって難しいんですね。

ですね。

ねこーん

海外で10冠を獲っている作品なんですけどね。

( ̄σ ̄)ホジホジ やっぱり、海外映画祭の選考基準がワカラン。

ましゅー。は美術が苦手ですもんね。

ねこーん

あまりお勧めできません。でも、途中で出てくる滝の映像は素晴らしかったです。


3.宣伝

(。・ω・)ノ゙ ここから宣伝ですよ~。

エンタメの楽しみ方は千差万別です。

しかし、何より大切なのは、自分に合った楽しみ方が出来るコト。だと思うんですよね。僕としては。

そうですかね?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 僕はそう思うよ。

自分に合った楽しみ方とはそんなに難しい話ではありません。

大音量でサウンドを聴きながら、迫力の映像を大きいスクリーンで楽しみたい人は、映画館へ行けばよいのです。しかし、映画館へ行っても他の観客が気になる人や、お菓子を食べながら観るのが好きな人、トイレへ頻繁に行きたくなる人もいるのです。

いますね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 気になって楽しめなかったりね。

あと、普通にお値段が高くて行けない人と感じる人も居ますしね。そういう人たちは自宅で思う存分楽しめばよいわけです。エンタメをね。

そこで、自宅で簡単にお安くエンタメを楽しめる方法としてコチラをオススメします。

【広告】

ないエンタメがない。

というキャッチフレーズと共に展開している”U-NEXT”さんですね。

(`・ω・´)シャキーン あったお金がない。

それはいつもの事です。

ねこーん

観る・読む・聴くのエンタメ全部

”U-NEXT”さんの特徴としては、観る、読む、聴く…、と全てのエンタメを網羅しているのが特徴のひとつです。

観るでは…、

  • 映画 6,700作品(見放題)+1,500作品(レンタル)
  • 海外ドラマ 560作品(見放題)+260作品(レンタル)
  • アニメ 2,200作品(見放題)+200作品(レンタル)

読むでは…、

  • マンガ 160,000作品(購入)
  • 書籍 150,000作品(購入)
  • 雑誌 70誌以上(読み放題)

聴くでは…、

  • 今週のおすすめ見放題LIVE映像
  • 本日のミュージックビデオ

等のコンテンツがガッツリ揃っております。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- 凄いですな。

集まってますね。

ねこーん

お得な料金プラン

月々のお支払いは税込み1,990円。

でもね、毎月1,200ポイントチャージされます。このポイントはコンテンツ購入で使用するコトが出来ます。レンタル作品や購入商品は取得にお金が掛かりますが、1,200円分については初めからオマケとして付いています。

そう考えると…、

1,990円(月額) - 1,200(ポイント)=790円(実質の月額)

と考えることが出来ます。

実質790円で見放題チャンネルや見放題の雑誌を考えると…。

(`・ω・´)シャキーン 確かに安いね。

確かに。

ねこーん

また、ファミリーアカウントとして親アカウントに3つまでの子アカウントを無料で付けられます。同時再生も可能ですので、家族みんなで利用すれば更にお得。(諸所の規制がありますので、詳細はU-NEXTサイトをご確認ください。)

様々なモバイルで再生可能

自宅のテレビでなくても、スマホで、タブレットで、ゲーム機で、パソコンで…といったマルチデバイスでの視聴が可能。

出張中にコンテンツをチェックして、自宅の大きなテレビで楽しむのも良し。テレビで視聴中だったコンテンツを、空いた時間に別の場所で楽しむのも良し。

上手にマルチデバイスを使用できれば、常にエンタメを持ち歩けるかも…。

自分のスタイルでエンタメを楽しむ。これからは、これからも。

もっかい貼っときますね。

【広告】

(。・ω・)ノ゙ そろそろ良い時間です。それではこの辺で。

4 COMMENTS

ねぇやん

低っΣ(・ω・ノ)ノ!
見ようと思ってたけど、時間の無駄みたいだからやめとこうかな…(-_-;)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

( ゚д゚)ウム これはお勧めできないな。環境映画としてなら…。

返信する
ビー玉

昔、黒澤明監督の「夢」っていう映画がね・・・どうしても最後までみられなかったのよ(゚∇゚ ; ) 何度見ても本物の夢の世界に行ってしまって(;´д`)トホホ…
なんとなく思い出してしまったwww

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

ワカリマス。( ゚д゚)ウム なんか合わない映画ってありますよね。(゚д゚)(。_。)ウン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください