(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【映画】”焼肉ドラゴン” まず見てみるべき。判断はそれからだ。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(´・ω・`) 何だかウザイわ。

ですね。

ねこーん

会社でケッコウいろいろと押し付けられそうです。今の会社は嫌いじゃないケド、正直、偉くなりたいわけではないんだよな。あくまで、「お金を稼ぎたいだけ」なので。

(-ω-;)ウーン どうすんべ。

どうしますかね。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

( ゚д゚)ウム その勇気がスゴイ。

タイミングが凄いですよね。

ねこーん

作品について

(-ω-;)ウーン そのタイミングで公開。

ある意味、勝負師ですよね。

ねこーん

焼肉ドラゴン


2018年に公開された作品ですね。2018年と言えば、嫌韓の嵐が日本中に吹き荒れてますからね。それは今も続いているのですが、この頃は特に強かった気がする。そんな中で公開したのはナカナカ勇気がある行為じゃないかと思います。

(-ω-;)ウーン 火に油を注ぐか…。

映画を観て考えて欲しかったのかも。

ねこーん

原作について

戯曲からの実写化映画となっていますね。原戯曲は様々な賞を受賞する人気作品となっています。初メガホンとなる”鄭義信”監督が書かれている戯曲となりますね。

出演者

監督 鄭義信
静花 真木よう子
哲男 大泉洋
英順 イ・ジョンウン
龍吉 キム・サンホ

(´・∀・`)ヘー 演じてるのは日本人が多い。

それも驚きでしたよね。

ねこーん

作品内容

第二次大戦後、龍吉たち親子は国有地を不法占拠した土地で”焼肉ドラゴン”を営業していた。貧しく、時には日本人に虐げられながらも、子供たちの幸せだけを望み黙々と働き続ける毎日。

彼らが住むドヤ街は汚く、貧しいもの達の集まりであった。しかし、そこには賑やかしくも素晴らしい日々があった。時に大きな哀しみが彼らを襲うが、それらも乗り越え彼らは力強く生きてゆく。

国有地の返還が決まってゆく中、龍吉夫婦とその娘、そして個性的な面々は各々の新たな門出に向けて歩き始めていた。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(3.0)
ストーリ
(2.5)
役者
(4.5)
総合
(3.0)

(-ω-;)ウーン 考えらせられるね。

ですよね。

ねこーん

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

ウダウダ言わずに日本人は観るべき

在日コリアンを題材にしている映画なのでね、恐らく観る前に毛嫌いする人もいるんじゃないかな。特に嫌韓な人たちなんかはそうなるでしょう。また、在日コリアンからの目線のみで書かれていますので、彼らの目から映る日本人像しか表されていませんし。

でも、差別がなかったか? と聞かれると差別はあったんじゃないかと思います。僕は目の当たりにした事はないケド、「コロナ禍ぐらいで他県者に差別する人種が簡単に他国の人を好きになる訳がない。」と思うし。ただ、これは日本人だけではなくて全世界に言えるコトですけどね。(コロナではヨーロッパ人がアジア人を差別してましたからね。)

僕が嫌韓か否かは置いといて、家族愛の映画としては見ごたえのある作品でした。

特に三女が結婚する時の龍吉の独白は涙なしでは見られなくなっています。この龍吉役の”キム・サンホ”さんは凄い役者さんですね。その演技力にビックリです。また、日本からも”大泉洋”さんが哲男役として出演してましたが、コチラもナカナカなダメ男っぷりを魅せていましたよ。(笑)

( ゚д゚)ウム スゴイ話でしたよね。

妹との結婚の後…でしたもんね。

ねこーん

前を向くという意味を考えさせられる映画でした。興味がある人はぜひ。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

12 COMMENTS

たき子

タイトルだけ見るとキワモノかと思ってしまいますが真面目な映画なんですね!
借りてまでは観ないけど機会があれば観てみたいかなって思います^^

返信する
ねぇやん

えらくなると出来る事も増えるかも(・・?
嫌韓と言うほどではありませんが、寒流ドラマとかは苦手。違った韓流。パッチギのような日本の作品は見たけれど…今回はごめんなさいです(>_<)

返信する
風のましゅー。

そうだと良いんだけどねぇ…。(;^_^A まあ、縁があれば観る程度でいいと思う。

返信する
あかつき

自分の生まれた所は在日韓国人の方の多い所でしたので
近くの一角が集落になってて出口の所に交番がありましたね。
大人になってから何故交番があったのか理解しました。
中学になると本名になるのでわかるのですが
自分たちは普通に仲良くしてました。
でも親の中にははっきり口に出して差別するひともいました。
今も仲のいい友達も多いですが、帰化した人も多いです。

返信する
風のましゅー。

(´・∀・`)ヘー 経験者の言葉には重みがありますね。そうなんですよね、自分で見ないとわかんないんだよね。

返信する
スヤスヤ

へぇ、そんなお話なんだ…
ちょっぴりタイトルで損してる気もするけど
何か分からず見ちゃうきっかけにはなるかもしれないね( ゚ω^ )b
スヤスヤはおバカだから大人の事情は分からないけど、
どこの人もそうだけど差別ってあるよね…
その人個人を見れば、全然良い人ってことは多そうだけど(´;ω;`)
(´・ω`・)エッ?ましゅーさん、出世!?(((n*´ω`*n)))
これからの未来は出世も考え物よね…人生エンジョイしたいよね。

返信する
風のましゅー。

そうなんだよね。人を見て判断したいよね。(((uдu*)ゥンゥン 出世はな…(´・ω・`)

返信する
Nick Ollie

タイトルだけど見ると、ちょっもコメディなのかなと勝手に思ってましたが、そういうお話なんだ。差別問題についてはいろいろ考えさせられるな。コロナでも在日問題でも部落問題でも。うまく表せないけど。

会社で偉くなると、また違った観点でビジネスを見ることもできていいんじゃないか、とも思いまする。

返信する
風のましゅー。

それがね、なかなか濃い作品でした。( ゚д゚)ウム 偉くなるのは良いのだけれどね、副業の時間は確保したいのよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください