(´・ω・`) もうすぐ梅雨ですね。

【映画】”写真甲子園”を観ましたよ~。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

だいぶん、暑くなってきた気がしますね。

ちょっと歩くと汗ばみますもんね。

ねこーん

(υ´Д`)アツー  もう春だよ。下手すりゃ初夏だよ。

 — ここから本編 —

今回の話題は【映画】です。

早く花粉が無くなって欲しいものだ。今も、軽く鼻が詰まっているもんね。でも、薬はあまり飲みたくないんだよな。

ワカリマス。

ねこーん

(-ω-;)ウーン 鼻ズルズルだわ。

まま、気を取り直して、今回、紹介する映画はコチラです。

写真甲子園 ~0.5秒の夏~ 2017年公開

出演者:笠菜月、甲斐翔真、白波瀬海来、中田青渚

監督:菅原浩志

こんな感じとなっております。

1.作品紹介

( ゚д゚)ウム Bに見えるっちゃ見えるケド、こういう映画が面白いのよ。

意外と日本映画はこんなの強いもんね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 面白いのよ。

2017年に公開された映画となりますね。なんだろな? みんな写真甲子園って知ってる? いちおう簡単に説明しときましょうか…、

写真甲子園とは、北海道上川郡東川町が町興しとして始めたイベントで、1994年から開催されています。高校写真部、サークルなどに所属する高校生写真家の夢の舞台です。決勝は北海道(東川町)で3日に渡り開催されます。

文科系のお祭りですね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 本家の甲子園程ではないケド、コチラも人気はあるのよ。

この写真甲子園に青春をかけた高校生ムービーとなっております。

2.作品内容

東京の進学校、桜ケ丘学園に通う椿山翔太(甲斐翔真)は、唯一の写真部員として学校の片隅で孤独に部活動を送っていた。

「そんな事ばかりしていないでキチンと勉強しなさい。今、君がやらなければならないコトはそんな事ではないだろう。」

校長からはそんな言葉を投げつけられ、部室も与えられず、廊下の隅で過ごす毎日。

それでも、翔太は顧問の高島晃(河相我聞)にこう告げる。

「先生、僕は写真甲子園に出場したいです。」

翔太は写真甲子園に出場に向けて、情熱を燃やし始める

大阪、関西学園の顧問である久華英子(秋野暢子)は、関西学園の写真部に発破をかける。

「写真甲子園なんて楽しくもない! ツラいだけや! でも、挑戦した人にだけが見える世界がソコにはある! どうや?みたないか?」

この言葉を受けて、尾山夢叶(笠菜月)ら写真部は闘志を燃やす。

高校生の写真に賭けた暑い夏が始まる。

3.ましゅーの感想。

(●>ω<●) 嫌いじゃない。

なんだか、甘酸っぱい気分ですよね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン わかるぞ。

高校生の青春ムービーです。僕は嫌いなジャンルじゃないですね。

古いとこで言えば、”がんばっていきまっしょい”とか、”スウィングガールズ”とかも好きでしたよ。

ハッキリ言って、映画の内容は青臭いのよ。でも、この青臭さが良いのよ。

そんでもって、なんだかあか抜けてないのよ。でも、このイモ臭さが良いのよ。

あとね、脇役が秀逸ですね。秋野暢子さんが良い味を出してますし、途中で出てくる千葉真一さんがグッド。やはりあれだね、脇役が締まると映画は輝きますね。しかし…、千葉さん渋いな。

あのワイルドさを出せるようになりたいですね。

ねこーん

(´ε`;)ウーン…僕では難しいかもな。

また、映像が写真を意識していますからね。構図も色彩もなかなか美しい映画となっています。特にひまわり畑は息をのむ美しさです。

4.評価です。

映画の評価
ストーリー
(3.0)
演出
(3.5)
配役
(3.0)
総合評価
(3.0)
ナカナカ、厳しいですね。

ねこーん

(-ω-;)ウーン どうしても、こうなっちゃうね。

目の付け所は面白いですし、青春映画ですから、青臭さも許容範囲なんですケド、何だろうな全てが中途半端かな。

先ず、桜ケ丘学園と関西学園のどちらが主役かワカランのです。映画の時間は関西学園に多く割いているのだけれど、話の筋的には桜ケ丘学園が主役じゃないとイケない気もするし。

あと、恋愛っぽいのも入っているケド中途半端だし、写真に賭ける情熱もイマイチ伝わらないし…。

惜しいって言うのが評価になりますかね。あの、古いカメラの女の子の話は要らなかった気もします。

まま、でも、思った以上に面白い映画でした。ひたむきに打ち込んでいる高校生は映画でも見ていて気持ち良いです。

写真好きな人は観ても良いと思いますよ。写真を何のために撮るのか、もう一度考えられるかもしれません。


5.宣伝

ここで宣伝をば…。

僕はアニメや映画を観るときはレンタルビデオ屋を利用しています。

それは…いきつけのレンタルビデオ屋にめちゃくちゃ好みの女の子がいるからです。

…イヤチガウ。(笑)

ええ違いますね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム まあ、合ってるとこもあるケドね。(笑)

商品のジャケットを見ながら選ぶのがいいんです。また、レンタルビデオ屋の店員さんが作るコーナーを見るのが好きなんです。自分じゃ選ばない作品や気付かなかった作品に出会えるチャンスを感じるのが楽しいんだろうな。

でも…観たい作品が決まっているときは別。みたい作品があるならば、動画とかで纏めて鑑賞するのもアリよね~。

それで今、気になっているのがコチラ。

【広告】

有名だよね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム ですよね。

月額933円で見放題は確かに魅力だよね。また、2週間トライアルしてやめとくのもアリ。

週末に家族と映画を観るだけで元は十分に取れる気がしますな~。興味がある人は覗いてみてくださいね。

そろそろ良い時間です。それではこの辺で。 (。・ω・)ノ゙

4 COMMENTS

えたばりゅ

こうやって何かに没頭するようなきっかけがあるってのは、どの分野でも大切ですよね(^^♪
・・・映画の出来栄えはちょっと残念感があったようですね(^^;オシイ!!

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

うん、僕も大切だと思う。( ゚д゚)ウム ソコソコ面白かったよ。映画。

返信する
ビー玉

こう見えて私、青春ムービーマニアです( ✧Д✧) カッ!! これは見る絶対に見る٩( ᐛ )و
最初甲子園(野球場)を写真に撮る映画かと思たwww

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください