( ̄¬ ̄*)じゅる 芋だよ。やっぱり。

【映画】”ラプラスの魔女” うん、コレは…なんだろう。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

グハッ (´゚ω゚)・*;’.、 こまった。

ど…どうしたんですか?

ねこーん

Σ(・ω・ノ)ノ! 思わぬ伏兵がいてな。

…伏兵?

ねこーん

( ゚д゚)ウム 詳細は近日中に。

— ここから本編 —

今回の話題は【映画】です。

(  ̄っ ̄)ムゥ ビミョウやのぅ。

期待は大きかったんですケドね。

ねこーん

今回紹介する作品はコチラです。

1.作品について

(-ω-;)ウーン 期待し過ぎたか…。

ラプラスの魔女

(゚д゚)(。_。)ウン 期待は大きかった。

まあね、そうね。

ねこーん

原作について

人気作家…、いや、超人気作家でも良いのかな。”東野圭吾”さんの同名書きおろし長編が原作となっています。同氏にとって、作家デビュー30周年記念の作品であり、「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。」と言わしめた作品です。

(`・ω・´)シャキーン コレは原作を読んでる!

なんで威張ってるんですか。笑

ねこーん

東野さんといえば、理工系の知識をフル活用したミステリが得意な作家さん。”福山雅治”さん主演で大ヒットした、ガリレオシリーズとかが一般にも有名なのではないでしょうか。

今回の作品も”ラプラスの悪魔”を主軸に置いた、近代物理学バリバリの作品となっております。

出演者

監督 三池崇史
青江修介 櫻井翔
羽原円華 広瀬すず
羽原全太郎 リリー・フランキー
甘粕才生 豊川悦司

( ゚д゚)ウム 偏って紹介。

凄い二人でしたもんね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン トヨエツは主役食っちゃうよね。

作品内容

「起こりうる全ての出来事は、それ以前の出来事のみによって決定される。」

あらゆる事象が原因と結果の因果律で結ばれるなら、現時点の出来事に基づいて、未来もまた確定的に決定される。18世紀の天文物理学者”ピエール・シモン・ラプラス”によって提唱された”因果的決定論”である…。

温泉街で硫化水素による変死体が発見される。事件の調査を依頼された、大学教授 青江修介(櫻井翔)は訪れた温泉街で不思議な少女に出会う。

物事の先を読むその少女は言う。「自分は未来が見えるラプラスの魔女。」

「起伏に富んだ地形、しかも、気流の流れも充分に予測できない屋外で、硫化水素を用いて人を殺すなど不可能だ!」青江はそう叫ぶが、事件は謎を含みながら走り出す。ラプラスの魔手によって。

2.ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(1.5)
ストーリ
(2.5)
役者
(2.0)
総合
(2.0)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

こんなものですね。

ねこーん

僕の感想

(´・ω・`) 今ひとつでした。

この評価だとそうですね。

ねこーん

「原作を読んでる。」っていうのが今回は悪い方に進んだ。とりあえず、勝手に自分が作った登場人物のイメージと実写がかけ離れすぎていて、作品に感情移入が出来ないんだよネ。

あとね、最後らへんが…ただの特撮なのよ。「あれ? 僕…仮面ライダーでも見てたかな?」っていう位の特撮ぶり。途中の雪山シーンも、「うん? コレ完全にセットですよね?」っていうシーンがあって、正直、萎えましたね。

映画の見どころは”トヨエツ”でしたね。いや、マイッタ。ありゃバケモンや。

((((;゚Д゚))))ガクブル 今回のトヨエツ怖え…。

さすがの演技ですね。

ねこーん

演技力が頭ひとつ抜けてたね。アレに対抗出来てたのは、博士役の”リリー・フランキー”さんぐらいしかいないもん。その他の役者さんは完全に喰われてた気がするなぁ。まあ、”豊川悦司”さんに対抗しろ! っていうのも酷ですけどね。

原作のストーリは好きだったんです。でも、映画だとどうしても時間の制約が厳しかったですね。ちょっと端折り過ぎな気がしました。あれじゃ、原作読んでいない人は理解でき兼ねるんじゃないかな。

纏めると、今回の作品はあまりお勧めできないかな

でも、”広瀬すず”さんは綺麗でしたし、”櫻井翔”さんもカッコ良かったですよ。そういう意味ではファンの人には勧められますよ。

広瀬さん…あまり好きじゃないんでしょ?

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ うん。


3.宣伝

(。・ω・)ノ゙ ここから宣伝ですよ~。

エンタメの楽しみ方は千差万別です。

しかし、何より大切なのは、自分に合った楽しみ方が出来るコト。だと思うんですよね。僕としては。

そうですかね?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 僕はそう思うよ。

自分に合った楽しみ方とはそんなに難しい話ではありません。

大音量でサウンドを聴きながら、迫力の映像を大きいスクリーンで楽しみたい人は、映画館へ行けばよいのです。しかし、映画館へ行っても他の観客が気になる人や、お菓子を食べながら観るのが好きな人、トイレへ頻繁に行きたくなる人もいるのです。

いますね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 気になって楽しめなかったりね。

あと、普通にお値段が高くて行けない人と感じる人も居ますしね。そういう人たちは自宅で思う存分楽しめばよいわけです。エンタメをね。

そこで、自宅で簡単にお安くエンタメを楽しめる方法としてコチラをオススメします。

【広告】

ないエンタメがない。

というキャッチフレーズと共に展開している”U-NEXT”さんですね。

(`・ω・´)シャキーン あったお金がない。

それはいつもの事です。

ねこーん

観る・読む・聴くのエンタメ全部

”U-NEXT”さんの特徴としては、観る、読む、聴く…、と全てのエンタメを網羅しているのが特徴のひとつです。

観るでは…、

  • 映画 6,700作品(見放題)+1,500作品(レンタル)
  • 海外ドラマ 560作品(見放題)+260作品(レンタル)
  • アニメ 2,200作品(見放題)+200作品(レンタル)

読むでは…、

  • マンガ 160,000作品(購入)
  • 書籍 150,000作品(購入)
  • 雑誌 70誌以上(読み放題)

聴くでは…、

  • 今週のおすすめ見放題LIVE映像
  • 本日のミュージックビデオ

等のコンテンツがガッツリ揃っております。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- 凄いですな。

集まってますね。

ねこーん

お得な料金プラン

月々のお支払いは税込み1,990円。

でもね、毎月1,200ポイントチャージされます。このポイントはコンテンツ購入で使用するコトが出来ます。レンタル作品や購入商品は取得にお金が掛かりますが、1,200円分については初めからオマケとして付いています。

そう考えると…、

1,990円(月額) - 1,200(ポイント)=790円(実質の月額)

と考えることが出来ます。

実質790円で見放題チャンネルや見放題の雑誌を考えると…。

(`・ω・´)シャキーン 確かに安いね。

確かに。

ねこーん

また、ファミリーアカウントとして親アカウントに3つまでの子アカウントを無料で付けられます。同時再生も可能ですので、家族みんなで利用すれば更にお得。(諸所の規制がありますので、詳細はU-NEXTサイトをご確認ください。)

様々なモバイルで再生可能

自宅のテレビでなくても、スマホで、タブレットで、ゲーム機で、パソコンで…といったマルチデバイスでの視聴が可能。

出張中にコンテンツをチェックして、自宅の大きなテレビで楽しむのも良し。テレビで視聴中だったコンテンツを、空いた時間に別の場所で楽しむのも良し。

上手にマルチデバイスを使用できれば、常にエンタメを持ち歩けるかも…。

自分のスタイルでエンタメを楽しむ。これからは、これからも。

もっかい貼っときますね。

【広告】

(。・ω・)ノ゙ そろそろ良い時間です。それではこの辺で。

4 COMMENTS

ねぇやん

(・∀・)ウン!!すごく残念でがっかりでした(^_^;)
なんでだろうーとずっと考えていたんですが、なるほどです。
良くも悪くも相乗効果ですね(*^▽^*)トヨエツさんに相乗しちゃえばよかったのに(^▽^;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください