(っ'-')╮ =〇 豆をくらえ!

【映画】”はやぶさ” じっくり見直してみました。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… 焦った。

どうしたんですか?

ねこーん

(  ̄っ ̄)ムゥ ウインドウズのアプデをしたら、ネットに繋がらなくて。

それは焦りますね…。

ねこーん

— ここから本編 —

今回の話題は【映画】です。

( ^ω^ )ニコニコ ゆっくりと見直し。

何回でも観れますもんね。

ねこーん

1.作品について

(((uдu*)ゥンゥン 良かった。

今回、紹介する作品はコチラです。

はやぶさ HAYABUSA

2010年、日本中に感動をもたらした小惑星探査機”はやぶさ”をモチーフにした作品です。この時は、日本中に”はやぶさブーム”が到来しており、この作品の他にも幾つかの同名映画が発表されています。(”渡辺謙”さんのだとかが有名です。)今回、僕が観たのは”竹内結子”さんが主役のバージョンです。

( ゚д゚)ウム 監督も堤さんだしね。

ですね。

ねこーん

原作について

事実を元にしたフィクションとなっています。もちろん、映画のオリジナルストーリです。”竹内結子”さんが扮する、理系女の話は完全に付け足しストーリです。

出演者

監督 堤幸彦
水沢恵 竹内結子
的場泰弘 西田敏行
坂上健一 高嶋政宏
はやぶさの熱狂的ファン 生瀬勝久

(((o(*゚▽゚*)o))) 生瀬さん最高。

チョイ役ですケドね。

ねこーん

作品内容

「サンプルリターン。世界中のどの機関も、そして、誰も成し遂げていないコトをする。」

他国と比べ、かなりの低予算で活動を続ける、”JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency)”にはそんな情熱を持った人間が多く集結していた。

探査機を小惑星(イトカワ)にタッチダウンさせ、その試料を持って帰る

誰もなしえていない大偉業に、ひょんな事からひとりの女性が参加する。彼女の名は”水沢恵”。

幼い頃、兄を亡くし、その兄の夢を追う理系女子。大きな夢を諦めない”はやぶさスタッフ”と、そのスタッフに答える様に動く探査機”はやぶさ”に自分を重ねて、彼女もまた大きく成長してゆく。

2.ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(3.5)
ストーリ
(3.5)
役者
(3.5)
総合
(3.5)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

良い映画でしたね。

ねこーん

僕の感想

コレは賛否が分かれる映画ですね。

はやぶさが成した大偉業は説明するまでもないのですが、その大偉業に竹内さん演ずる”水沢恵”のヒューマンストーリを乗っけていますからね。ノンフィクション的な映画を期待していた人は、ちょっと嫌がるかな。(渡辺謙さんのはやぶさはそんな映画ですケドね。)

僕はコッチの方が見やすいですケドね。感情移入出来て、簡単に事情を説明してくれる登場人物がいるだけでストーリは頭に入りやすくなりますから。

またね、途中のシーンで泣けるのもあるのよ。

ちょっとネタバレになっちゃいますケド、途中のストーリで出てくる”X線天文衛星 ひとみ”の話の中で、火星へ送るカプセルに記入する名前の件。全国からの応募でカプセルに記入する名前が決まるのですが、その中の一枚の葉書で、「一年で亡くなった息子の名前です。本当にお空の星にしてやってください。」みたいなヤツがあるのよ。

。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン コレはアカン。

コレは泣きますよね。

ねこーん

作られたストーリなのか、実話なのかはワカリマセンが、こんな話はきっとあると思うのよ。宇宙への想いってそんな感じだと思うのよ。きっとそうなんだよ。いや、このストーリはマジで泣けた。

あとね、作品全体でも、「情熱を持って、決して最後まで諦めないこと。」が本筋としてあるんです。だから、働き方なんて無茶苦茶(今のご時世なら大問題かも…。)なんですけど、夢を追いかけているから、みんな楽しそうに働いている。

みんなでモノを作る情熱。自分たちの技術力で世界と闘う勇気。ひょっとしたら、日本人が忘れ始めている”何か”を教えてくれているのかも知れません。

( ゚д゚)ウム 学校での教材にして欲しい映画です。

良いかも知れませんね。

ねこーん

面白い映画でした。宇宙好きならぜひ。ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん


3.宣伝

(。・ω・)ノ゙ ここから宣伝ですよ~。

エンタメの楽しみ方は千差万別です。

しかし、何より大切なのは、自分に合った楽しみ方が出来るコト。だと思うんですよね。僕としては。

そうですかね?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 僕はそう思うよ。

自分に合った楽しみ方とはそんなに難しい話ではありません。

大音量でサウンドを聴きながら、迫力の映像を大きいスクリーンで楽しみたい人は、映画館へ行けばよいのです。しかし、映画館へ行っても他の観客が気になる人や、お菓子を食べながら観るのが好きな人、トイレへ頻繁に行きたくなる人もいるのです。

いますね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 気になって楽しめなかったりね。

あと、普通にお値段が高くて行けない人と感じる人も居ますしね。そういう人たちは自宅で思う存分楽しめばよいわけです。エンタメをね。

そこで、自宅で簡単にお安くエンタメを楽しめる方法としてコチラをオススメします。

【広告】

ないエンタメがない。

というキャッチフレーズと共に展開している”U-NEXT”さんですね。

(`・ω・´)シャキーン あったお金がない。

それはいつもの事です。

ねこーん

観る・読む・聴くのエンタメ全部

”U-NEXT”さんの特徴としては、観る、読む、聴く…、と全てのエンタメを網羅しているのが特徴のひとつです。

観るでは…、

  • 映画 6,700作品(見放題)+1,500作品(レンタル)
  • 海外ドラマ 560作品(見放題)+260作品(レンタル)
  • アニメ 2,200作品(見放題)+200作品(レンタル)

読むでは…、

  • マンガ 160,000作品(購入)
  • 書籍 150,000作品(購入)
  • 雑誌 70誌以上(読み放題)

聴くでは…、

  • 今週のおすすめ見放題LIVE映像
  • 本日のミュージックビデオ

等のコンテンツがガッツリ揃っております。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- 凄いですな。

集まってますね。

ねこーん

お得な料金プラン

月々のお支払いは税込み1,990円。

でもね、毎月1,200ポイントチャージされます。このポイントはコンテンツ購入で使用するコトが出来ます。レンタル作品や購入商品は取得にお金が掛かりますが、1,200円分については初めからオマケとして付いています。

そう考えると…、

1,990円(月額) - 1,200(ポイント)=790円(実質の月額)

と考えることが出来ます。

実質790円で見放題チャンネルや見放題の雑誌を考えると…。

(`・ω・´)シャキーン 確かに安いね。

確かに。

ねこーん

また、ファミリーアカウントとして親アカウントに3つまでの子アカウントを無料で付けられます。同時再生も可能ですので、家族みんなで利用すれば更にお得。(諸所の規制がありますので、詳細はU-NEXTサイトをご確認ください。)

様々なモバイルで再生可能

自宅のテレビでなくても、スマホで、タブレットで、ゲーム機で、パソコンで…といったマルチデバイスでの視聴が可能。

出張中にコンテンツをチェックして、自宅の大きなテレビで楽しむのも良し。テレビで視聴中だったコンテンツを、空いた時間に別の場所で楽しむのも良し。

上手にマルチデバイスを使用できれば、常にエンタメを持ち歩けるかも…。

自分のスタイルでエンタメを楽しむ。これからは、これからも。

もっかい貼っときますね。

【広告】

(。・ω・)ノ゙ そろそろ良い時間です。それではこの辺で。あっ、明日休みです。

6 COMMENTS

風のましゅー。 風のましゅー。

宇宙は憧れですもんね。( ゚д゚)ウム 僕も関わってみたかった。と言うか、それ以外のやってみたかったことが叶ってるのがすげぇ!Σ(・ω・ノ)ノ!

返信する
ねぇやん

ケン・ワタナベの方は見たんですけど、泣かされるのかあ…ちょっと見たいかも。
コメントフォームなんか変。変えました?

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

時間があれば是非に。( ゚д゚)ウム コメントフォームへん?何も変えてないけどな…。(-ω-;)ウーン

返信する
えたばりゅ

はやぶさはまだ観れてなくて、別バージョンあるってのも恥ずかしながら知りませんでした(T▽T)
竹内結子さんバージョンは絶対一人で観なければ(*´ω`*)←もともと1人w

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください