( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" お芋~。

【映画】家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています。観ましたよ~。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

東京出張確定。

(ノ`Д´)ノ でも、どう計算しても秋葉原に行く時間がない。

い…いちおう仕事ですよ。

ねこーん

ナンダロな…一気に行きたくなくなるもんね。(笑)

 — ここから本編 —

今回の話題は【映画】です。

(´・ω・`) はあ…秋葉原に行けないなんて。

東京まで行ってるのに。秋葉原に行けないなら、東京に行かない方法を考えたくなるもんね。本当に…残念やなぁ。

まま、気を取り直して。今回紹介する映画はコチラです。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

出演者:榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花
監督:李闘士男

こんな感じとなっております。

1.作品紹介

この作品は出生が面白いかな。Yahoo知恵袋への相談が原作だと言われています。

そうなんですか?

ねこーん

かつて、電車男という巨大掲示板から派生した映画もありましたが、まさかのYahoo知恵袋派生です。

いや―昨今はどんなものが商売のネタになるかわからんね。

この話が事実かどうかは置いといて、

Yahoo知恵袋→楽曲化→ブログ立ち上げ→漫画化→映画化

みたいな流れになっているそうです。(Wiki調べ。)

へー。

ねこーん

(* ̄- ̄)ふ~ん って感じやろ?

2.作品内容

「結婚生活が3年たったら、お互いこれからどうするか話し合おう。」

2度目の結婚である加賀美じゅん(安田顕)は妻である、加賀美ちえ(榮倉奈々)にそう告げていた。

かつて、理不尽な別れを告げられていたじゅんにとって、結婚3年目という節目は必要以上に重く圧し掛かっていた。そんなコトを知ってか、妻のちえは結婚3年目を迎えておかしな行動を取るようになっていた。

おかしな行動とは、じゅんが家に帰ったら必ずちえが死んだふりをしているというモノ。

最初は冗談だと軽く受け流していたが、死んだふりの演技はエスカレートしてゆき、鰐に食われる、討ち取られる、矢が刺さる…と過激さを増していった。

(結婚生活に疲れてきているんだ。)

ちえの行動を理解できないじゅんは、会社の同僚に相談してみたり、外に出てパートをしてみたらどうかと問いかける。

ちえが死んだふりをする理由は? 彼女の思いとは?

3.ましゅーの感想。

いやいや、大人のためのラブコメディと言った感じですね。

そして…ヤスケン…、”水曜どうでしょう”でエビの頭を旨いうまいと食べていた貴方が、当たり前のように映画へ出られるようになって感動だよ。

TEAM NACSは無条件に応援しちゃうよね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 頑張って頂きたい。

題名にインパクトはあるんです。また、死んだふりがネタ切れになるんじゃないかな? どうやって話を纏めていくんかな? とか、勝手に心配してたんです。映画を観ながら。

でも、心配はいらなかったかな。最後は落ちるべきに落ちてくれます

しかし、ヤスケン上手ですね。ちゃんと笑えながら見れますもん。クドクなるかな? なんて心配もいらぬ節介でしたね。また、”榮倉奈々”さんが綺麗なんだわ。可愛いし。

見ようによっては不思議ちゃん役なんだけど、「月が綺麗ですね。」の意味が解ると愛おしくなっちゃうパターンですな。いや。面白い映画です。

4.評価です。

 

映画の評価
ストーリー
(3.5)
演出
(3.0)
配役
(4.0)
総合評価
(3.5)
ワルクナイ評価ですね。

ねこーん

( ^ω^ )ニコニコ 嫌いじゃないな。

なんか、暇なときだらーんと流しておきたくなる映画ですね。

また、ラストのちえさんの理不尽さがね。(笑) じゅんは喜んでもらえると思ってやったのにね。なんだろな、この辺りも女性の答えらしいっちゃらしい。

まとめると…女の人ってたまに理不尽ですよね。

あんまり言わない方が良いと思います。

ねこーん

( ゚д゚)ハッ! やっぱり??


5.宣伝

(。・ω・)ノ゙ ここから宣伝ですよ~。

エンタメの楽しみ方は千差万別です。

しかし、何より大切なのは、自分に合った楽しみ方が出来るコト。だと思うんですよね。僕としては。

そうですかね?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 僕はそう思うよ。

自分に合った楽しみ方とはそんなに難しい話ではありません。

大音量でサウンドを聴きながら、迫力の映像を大きいスクリーンで楽しみたい人は、映画館へ行けばよいのです。しかし、映画館へ行っても他の観客が気になる人や、お菓子を食べながら観るのが好きな人、トイレへ頻繁に行きたくなる人もいるのです。

いますね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 気になって楽しめなかったりね。

あと、普通にお値段が高くて行けない人と感じる人も居ますしね。そういう人たちは自宅で思う存分楽しめばよいわけです。エンタメをね。

そこで、自宅で簡単にお安くエンタメを楽しめる方法としてコチラをオススメします。

【広告】

ないエンタメがない。

というキャッチフレーズと共に展開している”U-NEXT”さんですね。

(`・ω・´)シャキーン あったお金がない。

それはいつもの事です。

ねこーん

観る・読む・聴くのエンタメ全部

”U-NEXT”さんの特徴としては、観る、読む、聴く…、と全てのエンタメを網羅しているのが特徴のひとつです。

観るでは…、

  • 映画 6,700作品(見放題)+1,500作品(レンタル)
  • 海外ドラマ 560作品(見放題)+260作品(レンタル)
  • アニメ 2,200作品(見放題)+200作品(レンタル)

読むでは…、

  • マンガ 160,000作品(購入)
  • 書籍 150,000作品(購入)
  • 雑誌 70誌以上(読み放題)

聴くでは…、

  • 今週のおすすめ見放題LIVE映像
  • 本日のミュージックビデオ

等のコンテンツがガッツリ揃っております。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- 凄いですな。

集まってますね。

ねこーん

お得な料金プラン

月々のお支払いは税込み1,990円。

でもね、毎月1,200ポイントチャージされます。このポイントはコンテンツ購入で使用するコトが出来ます。レンタル作品や購入商品は取得にお金が掛かりますが、1,200円分については初めからオマケとして付いています。

そう考えると…、

1,990円(月額) - 1,200(ポイント)=790円(実質の月額) 

と考えることが出来ます。

実質790円で見放題チャンネルや見放題の雑誌を考えると…。

(`・ω・´)シャキーン 確かに安いね。

確かに。

ねこーん

また、ファミリーアカウントとして親アカウントに3つまでの子アカウントを無料で付けられます。同時再生も可能ですので、家族みんなで利用すれば更にお得。(諸所の規制がありますので、詳細はU-NEXTサイトをご確認ください。)

様々なモバイルで再生可能

自宅のテレビでなくても、スマホで、タブレットで、ゲーム機で、パソコンで…といったマルチデバイスでの視聴が可能。

出張中にコンテンツをチェックして、自宅の大きなテレビで楽しむのも良し。テレビで視聴中だったコンテンツを、空いた時間に別の場所で楽しむのも良し。

上手にマルチデバイスを使用できれば、常にエンタメを持ち歩けるかも…。

自分のスタイルでエンタメを楽しむ。これからは、これからも。

もっかい貼っときますね。

【広告】

そろそろ良い時間です。それではこの辺で。 (。・ω・)ノ゙

4 COMMENTS

ビー玉

鼻から牛乳を吹き出していた安がねぇ・・・TEAM NACSは無条件に応援するに1票(ง •̀_•́)ง‼ 一生どうでしょうします(๑•̀ㅂ•́)و✧

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

ですよね。(((uдu*)ゥンゥン 感慨深いものがあるよね。僕も一生どうでしょうします。

返信する
えたばりゅ

こんな映画があったとは(^^♪
めっちゃ興味をそそられるタイトルですね( *´艸`)
これは死んだふりする理由が気になる( *´艸`)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください