( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" 栗の季節だよね。

【本】”殺人犯はそこにいる” そこまでする執念…その理由が。

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

※本が題材の時はしばらくこの文章を書きます。

ましゅーはリアル書店を応援しています。また、紙媒体の本を応援しています。

電子媒体を否定しているわけではアリマセン。電子媒体はとても便利で、これからの読者のため、また、活字好きな人の為に大活躍するツールだと思っています。ですが、電子媒体が便利だからと言って、紙媒体が失われてゆくのはとても惜しいコトだと思っています。

紙媒体に触れながら読む本は、電子媒体とまた違った味わいがあってよいと思うのです。

例えばコーヒーで汚れてしまったり、古くなって黄色くなってしまったり…。紙媒体の本は時が経つにつれ、汚れ、風化し、朽ちてしまいます。しかし、それらすべてがその本の年輪となり、持ち主と共に成長してゆくのだと思います。

何十年か後…、貴方は大きくなり、幼き頃に読んだあの本を、自分が尊敬する人から頂いた本を、母が呼んでくれたあの本を、そっと手に取りゆっくりと読み返してゆく。

その贅沢を想像するだけで身が焦がれる気持ちになれると思うのです。

ましゅーは勝手にリアル書店を応援してゆきます。

僕も応援してゆきますよ。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【本】です。

( ゚д゚)ウム ではいきますか。

ですね。

ねこーん

本の紹介

妄想

そこに犯人がいる。

自分だけが知っている答えをまだ誰にも伝えることはできない。

彼がしたことはわかっている。

逃がさない、たとえ、世間の関心が薄れたとしても。僕だけはお前を見張っているからな。覚悟しろ。

( ^ω^)・・・ なんてことを書いてみる。

では、紹介を

今回紹介する商品はコチラです。

「殺人犯はそこにいる」 清水潔著

コレは完全に売り方でヤラレタ。(笑)

岩手県盛岡市の”さわや書店フェザン店”にて、文庫Xとしてある本が売られました。本にはカバーが付けられ、中身がわからないようになっていました。カバーには、「販売さんがどうしてこの本を売りたいか…や、自分が感じた感想が切々。」と書かれています。

それ読んだら気になって買っちゃった。

この本の著者、”清水潔”さんは執念の取材と警察顔負けの聞き込みで、未解決事件や冤罪事件をよく取材しています。

かつて起こった”桶川ストーカー殺人事件”でも丹念な取材を行い、テレビと連携して、警察より先に犯人を見つけました。また、その際に隠蔽ともとれる埼玉県警の腐敗を暴いています。(これにより、被害者の名誉も回復しました。)また、取材によって警察の不備を暴き、”足利事件”が冤罪である事を突き止めました。

足利事件とは

1990年に栃木県で発生した女児殺人事件。DNA型判定と自白により、”菅谷利和”さんが犯人として検挙されました。 しかし、その後、ずさんな検査と強要された自白であることが判明し、冤罪であることが確認されました。(菅家さんは釈放)

酷いですよね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム だよね。

この足利事件、今では冤罪事件の代名詞として有名ですが、真相解明の始まりがテレビ番組の取材であった事にビックリしました。

しかし、この足利事件の冤罪ですら、犯罪解決の途中でしかありません。清水さんは早くからこの事件を、「北関東を中心とした連続女児殺人事件。」だとみており、その仮説から外れる菅家さんを排除したかったと書いています。(結果的に冤罪が解決した…と。)

菅家さんが排除されたことにより、この本の中で犯人らしき人を見つけているとも書かれています。警察が調べていないので詳細はワカリマセンが、DNA型は一致したとか。とにかく、犯人を見つけようとするその執念に圧倒されます。

その執念の原因も書かれていますが、清水さんは過去に子供を事故で亡くしているそうです。大切な人が突然いなくなる悲しみは痛いほどよくわかっている。まして、それが理不尽な理由で奪われることなどあってはならない。

そして、自分はそんな犯人を絶対許すことが出来ない。というコトらしいです。

まとめ

ヘタな推理小説より面白いです。

でも気を付けてください、警察がマッタク信用できなくなります。(菅家さんを犯人にした話はヒドイ。)あ、ちなみに、この清水さん、ジャーナリスト魂が凄すぎて、たまにTwitterが炎上してます。まま、良くも悪くも熱い人だというコトなんでしょう。

チャンスがあればぜひ読んでみてくださいね。

それではでは…、

「無知の知」

「自分が知らない事を自覚する。」自分が無知であると気付いた時、人は安易な自己満足ではなく、物事を深く知ろうとします。知識欲は人間が人間たる所以なのかも知れません。

本を読むというコトはその知識欲を大いに刺激してくれます。自分の知識を満足させ、更なる高みを目指すために、今宵は本を広げてみては如何ですか? それでは、また次回にお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~

ねこーん

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください