(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【映画】”探偵はBARにいる3” 大好きなシリーズですからね。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ いや、ハンバーグ食べたい。

どうしたんですか? 急に。

ねこーん

( ゚д゚)ウム 何だか食べたくなっての。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

( ̄ー ̄)ニヤリ 続きもんですな。

今回も良かったですね。

ねこーん

今回紹介する作品はコチラです。

作品について

( ̄ー ̄)ニヤリ 大好きな作品

探偵はBARにいる3


グハッ (´゚ω゚)・*;’.、 かっこよい。

良いですよね。

ねこーん

やっとか、ましゅー。って声が聞こえて来そうです。ええ、待たせたな。

それでは紹介してゆきましょうか。

原作について

”東直己”さんによるハードボイルド・ミステリ「探偵はバーにいる」が原作となっています。(”ススキノ探偵シリーズ”と言った方が良いかも知れませんね。)”ススキノ探偵シリーズ”は累計発行部数160万部を超える作品となっています。

東さんは探偵シリーズが多い作家さんなのかな? 恥ずかしながら、まだ原作は読めていません。チャンスがあれば文庫本を買ってみても楽しいかな。

大泉さんと松田さんがタッグを組んでの実写化としては3作目となります。僕としては、”釣りバカシリーズ”みたいに長ーく続く作品になって欲しいですね。そのためには、原作も長ーく続いてもらわないと駄目ですけどね。

出演者

監督 橋本一
大泉洋
高田 松田龍平
マリ 北川景子
北城仁也 リリー・フランキー

( ゚д゚)ウム 豪華な布陣だ。

良いですね。

ねこーん

大泉さん、松田さんは安定の演技を魅せてくれています。そんな二人を、今回は北川さん、リリーさんという強力な布陣がバックアップしています。

それのお陰もあってか、大泉さんは日本アカデミー賞の”優秀主演男優賞”を受賞。松田さんは”優秀助演男優賞”を、北川さんは”優秀助演女優賞”を受賞されています。まあ、日本もアメリカもアカデミー賞は…なのですが、貰わないよりかはソリャ貰った方が。

ですよね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム そうです。

作品内容

「会いたかったらこのBARに来な。」俺はたいていそこにいるから。

怪しげなネオンが煌めく街、”ススキノ”。俺は此の街のプライベートアイ…探偵さ。だが、今回のヤマは悲しかったぜ。

俺が過去に少しだけ出会った女。

そいつがフトした調子に姿を見せたんだ。これ以上ない、厄介なヤマと共にな。高田(松田龍平)はこの街を去るとか言ってるし、女のヤマは厄介だし。「まったく、やってらんねーよ。」。

でも、マトメて面倒見てやるぜ。なぜなら、俺は此の街のプライベートアイだからな。あっ、あとひとつ、アンタに聞いておきたい事があるんだ。

「アンタ…命を燃やすものは、あるかい?」

じゃ、本編でな。

(●>ω<●) いつものハードボイルド、かつ、コメディも兼ね備えた楽しい作品です。

カッコ良いですよね。

ねこーん

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(4.0)
ストーリ
(4.5)
役者
(4.5)
総合
(4.5)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

こんなものですね。

ねこーん

ましゅー。の感想

しかし、”大泉”さんも”松田”さんもハマり役ですねぇ…。見てるだけでワクワクするもんね。うん、僕が好きなシリーズですから、評価の星にバイアスは思いっきりかかってます。ただ、今回は予告編で、「ついにコンビ解散?みたいな煽りがあったから、ビクビクしながら見てましたケドね。

(`・ω・´)シャキーン 答えは書きませんよ。

ぜひ本編を。

ねこーん

今回は敵役が”リリー・フランキー”さんです。いやー悪役が似合う人ですよね。本当に演技が上手。ココまで上手だと、「もはやコレが素なんじゃないか。」という疑念すら生まれてくるほどです。(他の俳優さんの話だと凄くいい人らしいですけど。)

今回の作品は…とても悲しいです。

(ノД`)シクシク コレはアカン奴や。

号泣でしたもんね。

ねこーん

岬(北川景子)が行動を起こした理由を知った時の大泉さんのセリフに泣ける。

「人が命を燃やす理由って何なんでしょう?」

魂が震えれば、人は命を燃やすのでしょうか?

ぜひ見て頂きたい。面白い作品ですよ。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください